ダウンロードリスト

プロジェクト概要

Wandoraは、Topic MapsとJavaに基づく汎用のデータ抽出、管理、および公開アプリケーションです。Wandoraはグラフィカルユーザーインターフェイス、知識の階層表示、いくつかのデータストレージオプション、豊富なデータの抽出、インポートとエクスポート機能、Topic Mapsの動的公開できるようにする組み込みのHTTP サーバを持っています。Wandora は迅速なオントロジー構築と知識のマッシュアップに最適です。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2013-01-29 07:32
2012-01-28

このバージョンは、ドッキング可能なトピックのパネル、ヨーロピアナ抽出、および小さな修正の数を備えています。ドッキング可能なトピックのパネルを同時にいくつかの異なるトピック ビューおよびエディター、すべて同期で動作するユーザーを許可します。
タグ: Minor feature additions, Minor bugfixes, Minor feature enhancements
This version features dockable topic panels, a Europeana extractor, and a number of tiny fixes. Dockable topic panels allow the user to work simultaneously with several different topic views and editors, all synchronized.

2012-09-01 07:38
2012-08-31

新機能にはガーディアンのオープンプラット フォーム抽出、純化 extractor ドット グラフ形式のエクスポート D3 に基づくトピック マップ レイヤー可視化があります。また、グラフ パネル オカレンス ビュー、グラフ パネル フィルター管理が簡単です。このリリースは、LTM のエクスポートでの修正が含まれています、いくつかの非推奨のエクス トラクターを無効にします。
タグ: Bugfixes, new features, Feature Enhancements
New features include a Guardian open platform extractor, a Freebase extractor, a DOT graph format export and a topic map layer visualization based on D3. Moreover, the graph panel views occurrences and graph panel filter management is easier. This release contains fixes in LTM export and disables some deprecated extractors.

2012-06-21 20:41
2012-06-21

ツール マネージャーは今 JAR パス、強化されたタイムラインの可視化、iCal カレンダー形式抽出ツール、サーバー モジュールのパーティションの可視化、ツリーの可視化と word のクラウドの視覚化、円柱グラフ ジェネレーター、格子グラフ ジェネレーター、ニューヨーク ・ タイムズのイベント API の抽出、および多くのバグ修正をサポートします。
タグ: Bugfixes, new features, Feature Enhancements
Tool manager now supports JAR paths, enhanced timeline visualization, an iCal calendar format extractor, server modules for partition visualization, tree visualization and word cloud visualization, a cylinder graph generator, a lattice graph generator, a New York Times Event API extractor, and a lot of bugfixes.

2012-05-01 07:02
2012-04-30

処理トピック] パネルのテンプレート メカニズムが変更されました。今すぐユーザーは完了処理アプレット部分的なアプレットの代わりに書き込みます。この変更に従うことすべて同封サンプル スケッチが更新されました。2 つの完全に新しいサンプル処理トピック パネルのためのスケッチ: Sphere3D と Euclidean3D。3 つの新しいサーバー モジュール Wandora の 's サーバーを埋め込み: タイムライン視覚化 RSS と Twitter の抽出、google マップを視覚化 GeoNames、Oma kaupunki、Palvelukartta 抽出、そして D3graph トピック マップ グラフとして可視化します。このバージョンはまた、ニューヨーク ・ タイムズ記事検索 API エクス トラクターを備えています。
タグ: Minor bugfixes, new features, Feature Enhancements
The template mechanism of the Processing topic panel has been changed. Now the user writes a complete Processing applet instead of a partial applet. All enclosed sample sketches have been updated to follow this change. Two completely new sample sketches for the Processing topic panel: Sphere3D and Euclidean3D. Three new server modules for Wandora's embedded server: Timeline visualizes RSS and Twitter extractions, Googlemaps visualizes GeoNames, Oma kaupunki, and Palvelukartta extractions, and D3graph visualizes a topic map as a graph. This version also features a New York Times Article Search API extractor.

2012-03-01 07:12
2012-02-29

XTM、会社トピック マップ、GRAPHML、および RDF モジュール今戻り協会データもサービスします。新規レイヤーを作成、新しいレイヤーが自動的に選択されます。XTM 2.0 のインポート機能は修正されましたし、ゼロ長さファイルなしベース名として解釈されます。サブジェクト識別子トピックの件名識別子ではなく、トピックのベースのトピック ツリーの変更を変更します。新機能は、単純な CSV 協会抽出ポイント発生キャリア近くに関連付けるし、関連付けるポイントを多角形発生キャリア。
タグ: new features, Feature Enhancements, Bugfixes
XTM, JTM topic map, GRAPHML, and RDF service modules now return association data too. Creating a new layer selects the new layer automatically. The XTM 2.0 import feature has been fixed and interprets zero length basename as no-basename. A subject identifier change in the topic tree changes the topic's subject identifier instead of the topic's basename. New features include a Simple CSV association extractor, Associate nearby point occurrence carriers, and Associate points in the polygon occurrence carrier.

プロジェクトリソース