ダウンロードリスト

プロジェクト概要

LinuxベースVServerは、仮想プライベートサーバと通常のLinuxサーバのように動作し、セキュリティコンテキストを作成しますが、フルスピードで一つの箱で同時に実行される多くの独立したサーバーを許可することができます。SSHなど、メール、Web、データベースなど、すべてのサービスは、単に任意の実サーバ上のように、変更することなく、そのようなVPS上で起動することができます。 各仮想サーバーは、独自のユーザー·アカウント·データベースとrootのパスワードを持っており、他の仮想サーバに干渉しない。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2007-04-02 18:55
2.2.0

これは、Linuxの2番目の安定版Linux 2.6ブランチの最初のリリース- VServerのです。これは、以前の開発ブランチからのすべての'と考えられ、安定'の機能が含まれます。
タグ: Linux 2.6 Stable
This is the initial release of the second stable Linux 2.6 branch of Linux-VServer. It includes all the 'considered stable' features from the previous development branch.

2006-11-06 03:22
2.1.1

のアイドル時間(別名、高度な公正スケジューリング)のスケジューリングのような多くの新機能ごとのコンテキストのシステム時間、コンテキストのプライバシー、能力、マスキング、および完全な牛のリンクを解除。会計と限界(dentryは、ロック、スラブ、およびソケット)だけでなく、拡張ファイルシステムサポート(のJFSおよびOCFS2)と改善アーキテクチャをサポートするように、いくつかの機能強化。
タグ: Major feature enhancements, Development
Many new features like idle time scheduling (aka Advanced Fair Scheduling), per-context system time, context privacy, capability masking, and full CoW link breaking. Several feature enhancements like accounting and limits (Dentry, Lock, Slab, and Socket) as well as extended filesystem support (JFS and ocfs2) and improved architecture support.

2006-09-04 07:55
2.02

カーネルスレッドの隔離が改善されました。のI /優先度キューユーザーあたり今図書館です。スケジューラの優先度のバイアスが調整されます。 JFSは(イー)の拡張機能のマウントが追加されている属性をサポートしてバインドします。デバッグシステムとカーネルの状態のヘルパーは、改善されたVServerのコマンドインタフェースに応じて拡張されました。様々な機能拡張と修正ptraceのようなサブシステムのため、名前空間、機能、システム、ロック、マウントして、xidの処理だけでなく、アーキテクチャ固有の修正アルファ、腕、ia64以外は、MIPSのは、SPARC、およびx86_64(主に、ptraceのは、utsname作られたcompat)で。
タグ: Minor bugfixes, Linux 2.6 Stable
Kernel thread isolation was improved. I/O priority
queues are per guest now. Scheduler priority bias
is now adjustable. JFS file attribute support and
bind mount extensions (BME) have been added. The
debug system and the kernel state helper were
improved, and the VServer command interface was
extended accordingly. Various enhancements and
fixes were made for subsystems like ptrace,
namespaces, capability system, locking, mounts,
and xid handling, as well as architecture specific
fixes for alpha, arm, ia64, mips, sparc, and
x86_64 (mainly utsname, ptrace, and compat).

2005-12-20 15:18
2.1.0

このリリースでは拡張子をマウントバインドするような新しい機能の束をもたらす(これを与えるリンクを解除を書く上でのみ-バインドマウント)、コピーを読む(この場合は、すべてのファイルを統一することも、ログや設定ファイル)できますが、クォータのハッシュは、 XIDの伝播。また、コンテキストのI / Oスケジューリング(CFQ)、カーネルスレッドの保護を、空のコンテキストのサポート、および改善のデバッグシステムごとに追加されます。
タグ: Major feature enhancements, Linux 2.6 Development
This release brings a bunch of new features like
bind mount extensions (which give you read-only
--bind mounts), copy on write link breaking (which
allows you to unify all files, even log or config
files), quota hashes, and XID propagation. It also
adds per context I/O scheduling (CFQ), kernel
thread protection, support for empty Contexts, and
an improved debugging system.

2005-12-13 20:23
2.01

いくつかのマイナーなバグをタスクアカウンティングおよび負荷だけでなく、インターフェイスの可視性の問題の平均については修正されました。アーチサポートする拡張された(エンディアンおよびPPC - 64いくつかの修正)。ディスクの制限のコードおよび拡張属性をサポートするのクリーンアップ。私のサポート/ Oの優先順位やモジュール化された仮想ルートが追加されました。
タグ: Code cleanup, Linux 2.6 Stable
Some minor bugs regarding task accounting and load averaging as well as an interface visibility issue were fixed. Arch support was extended (some fixes with endianness and PPC-64). Cleanups in the Disk Limit code and extended attribute support. Support for I/O priorities and modularized vroot was added.

プロジェクトリソース