ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

Visopsysは、PC互換機用の代替オペレーティングシステムです。 1997年の後半から開発が始まり、このシステムは小さく、高速、かつオープンソースです。 これは、シンプルかつ機能的なグラフィカル・インタフェース、リアルプリエンプティブマルチタスク及び仮想メモリを備えています。 多くの点で互換性があるように試みましたが、Visopsysは他のオペレーティングシステムのクローンではありません。 ライブCD、USBスティック又はフロッピディスクからデモを実行することができます。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2011-11-15 12:08
0.71

このリリースの大半は、一般的なバグ修正と改善にハードウェアの検出とデバイス ドライバー、USB は、特定のフォーカスを成っています。新しい機能 (新しい USB イメージはダウンロード可能です)、USB デバイスから起動する機能と能力は、システムの電源を含めます。
The bulk of this release consists of general bugfixes and improvements to hardware detection and device drivers, with a particular focus on USB. New features include the ability to boot from a USB device (a new USB image is available for download) and the ability to power down the system.

2008-02-05 16:12
0.7_PRE

次のリリースのこのプレビューは、JPEG画像をサポートし、画像のサイズ変更、64ビットのディスクのサポートは、UDF(DVDリー)ファイルシステムのサポート、およびGPTパーティションテーブルをサポートするだけでなく、多くを含む更新された外観と新機能の数を提供し、新しいアイコン、壁紙、画像、ブラウジング機能します。新しい管理アプリケーションや機能が追加されているのATA / IDEドライバは、より良いサポートするための能力を含む後方に強化されている互換性のあるSATAコントローラ。 FPUのコンテキストを保存し、微調整とバグ修正の数が改善されているにも含まれています。
タグ: Major feature enhancements
This preview of the next release offers an updated
look and a number of new features, including JPEG
image support, image resizing, 64-bit disk
support, UDF (DVD) filesystem support, and GPT
partition table support, as well as lots of new
icons, wallpaper images, and file browsing
functionality. New administrative applications and
functionality have been added, and the ATA/IDE
driver has been enhanced, including the ability to
better support backwards-compatible SATA
controllers. FPU context saving has been improved,
and a number of tweaks and bugfixes are also
included.

2007-09-24 15:55
0.69

これは、メンテナンスリリースの調整とVisopsysの0.6倍シリーズにバグ修正の最後のラウンドで構成されます。作品の多くは、USBサブシステム上で、USBマウスのサポートを含め行われていた/キーボードとハブ。 FATファイルシステムドライバをチューニングしました。ユーザビリティを修正、さまざまなユーザーのプログラムのために作られた。 OSのカーネルとCライブラリの改良とバグ修正の負荷が行われた。
タグ: Minor feature enhancements
This is a maintenance release comprising the final
round of tweaks and bugfixes to the 0.6x series of
Visopsys. Lots of work was done on the USB
subsystem, including support for USB
mice/keyboards and hubs. The FAT filesystem driver
was tuned. Usability fixes were made for various
user programs. Loads of OS kernel and C library
improvements and bugfixes were made.

2007-05-10 11:34
0.68

このメンテナンスリリースは、ディスクI / Oのパフォーマンスに焦点を当て、(カーネルのディスクキャッシュを固定し、IDEを先読みし、追加の書き込みキャッシュ)、安全な削除ファイル(破砕)/パーティション/ディスク、およびバグ修正、OSローダーを複数の結果に重要な変更を含む複数のシステム上で信頼性の高い起動。
タグ: Minor feature enhancements
This maintenance release focused on disk I/O performance (fixing the kernel's disk cache and adding IDE lookahead and write caching), secure deletion (shredding) of files/partitions/disks, and bugfixes, including important changes to the OS loader resulting in more reliable booting on more systems.

2007-04-03 13:35
0.67

このメンテナンスリリースは、PCI、DMAを含むIDEディスクドライバは、新しい機能を加えて、バグの数が含まれ、48ビットアドレッシングをサポートし、大幅な再新しいディスクラベルタイプのためにモジュール化するには、ディスクマネージャプログラムのエンジニアリング論理パーティションを移動するため、プラスのサポートと'論理パーティションの前を作成します。
タグ: Minor feature enhancements
This maintenance release includes a number of bugfixes and the addition of new capabilities to the IDE disk driver, including PCI, DMA, and 48-bit addressing support, a significant re-engineering of the Disk Manager program to modularize it for new disk label types, plus support for moving logical partitions and creating 'preceding' logical partitions.

プロジェクトリソース