ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

The Virtual Machine Manager (virt-manager for short) is a desktop application for managing virtual machines. Since it uses libvirt, it is capable of managing machines from any hypervisor supported by libvirt. KVM and Xen are the current primary targets.The application's views provide summaries and detailed statistics on performance and resource utilization. A wizard facilitates creation of new guest domains. Console access is enabled either to a text based serial console or fully graphical access via an embedded VNC client. Management of host storage and network interfaces is supported through libvirt.

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2011-03-25 15:47
0.8.7

オフライン仮想マシンの名前を変更可能になりました。スパイスのパスワードのサポートが追加されました。 EdittingのNIC <virtualport>設定が許可されています。個々のCPUの機能が有効または無効にできます。グラフィックスタイプには、簡単に既存のVMにVNCとSPICEの間で変更することができます。既存のVMのネットワークソースデバイスを簡単に変更することができます。
Renaming an offline VM is now allowed. Spice password support was added. Editting NIC <virtualport> settings is allowed. Individual CPU features can be enabled or disabled. The graphics type can be easily changed between VNC and SPICE for an existing VM. The network source device for an existing VM can be easily changed.

2010-03-25 07:51
0.8.4

インポートオプションをインストールすると、既存のOSイメージを使用してVMを作成することができます。このリリースでは複数のブートデバイスの起動順序をサポートします。これは、ウォッチドッグデバイスをサポートしています。それは人間の読み取り可能なVMの説明を設定することができます。あるオプションを手動で橋の名前の場合は、ブリッジが検出されないことを指定することです。
An import install option allows you to create a VM using an existing OS image. This release supports multiple boot devices and boot order. It has watchdog device support. It enables setting a human-readable VM description. There is an option to manually specify a bridge name if the bridge isn't detected.

2010-02-11 09:16
0.8.3

このリリースでは、能力のネットワークインタフェースを管理するために追加されます:起動、停止、およびビューの既存のインターフェイス。それが規定の新しい橋、債券、およびVLANデバイスが新しいオプション'をインストールする前には、インストールウィザードから、ほとんどのVMオプションを調整することができますVMをカスタマイズすることです。
This release adds the ability to manage network interfaces: start, stop, and view existing interfaces. It can provision new bridge, bond, and VLAN devices.
There is a new option to 'customize VM before install', which allows adjusting most VM options from the install wizard.

2008-03-11 11:11
0.5.4

ゲストのスムーズなサイズ変更、KerberosとPolicyKitは、テキストコンソール用のSolarisの移植性を修正し、ユーザーのNICを取り付けるための接着およびVLANデバイスを検出するためのサポートを含むすべてのlibvirtの認証方法をサポートしてコンソールを開きます。 fullvirtのゲストがカーネルをインストールすると同様、既存のCD - ROMの方法initrdを許可されています。呼び出しdbusのメソッドのインターフェイスを使用するように修正されました。自動起動フラグを設定すると、ブートデバイスの順序を変更する許可されます。新しいVMの作成を宣言ハイパーバイザ機能に基づいて制御されます。
タグ: Minor feature enhancements
Smooth resize of the guest console, support for all libvirt authentication methods including Kerberos and PolicyKit, a Solaris portability fix for the text console, and support for detecting bonding and VLAN devices for attaching guest NICs. fullvirt guests are now allowed to install off kernel and initrd as well as existing CD-ROM methods. Invocation of DBus methods was fixed to use an interface. Setting of autostart flag and changing boot device ordering is now allowed. New VM creation is controlled based on declared hypervisor capabilities.

2008-01-11 07:52
0.5.3

これは、バグ修正リリースです。 VNCのウィンドウのサイズ変更画面が物理的なサイズは、ユーザーの画面サイズより小さい場合に修正されました。 "新しいVM"ボタン、そのほかの古い明白なスタイルと位置に戻されます。明治維新のVMを再度、ローカル接続のために働いています。ユーザーに特別なキーシーケンスを送信するためのメニューが追加されます。その他のさまざまなバグの多くが修正されました。
タグ: Minor bugfixes
This is a bug fix release. The sizing of the VNC
window was fixed for screens where the physical
size is less than the guest screen size. The "new
vm" button is switched back to its old more
obvious style and placement. Restoration of VMs is
working again for local connections. A menu for
sending special key sequences to the guest is
added. Lots of other miscellaneous bugs were
fixed.

プロジェクトリソース