ダウンロードリスト

プロジェクト概要

Viewmol は構築と量子化学、分子力学プログラムからの出力の可視化についても分子の編集プログラムです。Gamess、ディスカバー、DMol/DSolid/DMol3、一口、Mopac、Turbomole、および PDB ファイル x ガウス 9 は現在サポートされています。視覚化プロパティ (様々 な描画モード) を持つジオメトリなど振動 (アニメーションまたは矢印)、最適化の歴史/MD の軌道、MO エネルギー準位図、MOs、基底関数電子密度。図面を保存することができます TIFF、HPGL、Postscript、および Rayshade 用の入力ファイルとして。Viewmol は自動化のための組み込みの Python インタプリタを持っています。プログラムの独立した言語であり、現在""話す英語、フランス語、ドイツ語、ロシア語、またはスペイン語。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2004-11-16 21:05
2.4.1

このリリースでは、()のサポートを部分的に03の出力ガウスのサポートを追加し、リソースの遅延オプションをアニメーションの速度を制御するためにトルコ語です画像の保存でクラッシュを修正されている。 libcxa.so上の依存関係が削除されています。
タグ: Minor bugfixes
This release adds support for Gaussian 03 outputs, (partial) support for
Turkish, and a delay option in resources to control animation speed. The
crash on saving images has been fixed. The dependency on libcxa.so has
been removed.

2003-11-12 17:45
2.4

GAMESSので開くシェルとTurbomole出力がサポートされます。周期的な波動関数もサポートされています。能力をグリッドにデータを読み込み、それらを視覚化し、PQS出力を読み取るには、単位セルを定義するためブラベー行列を読み込み、ガウスの入力ファイルを生成し、能力のファイルおよびPostScriptビットマップをPNG形式で図面を保存するに追加されている。スクリプトは、ユーザーインターフェイスを介して、原子の色を設定するTurbomoleのUFFモジュールを使用してUFF形状の最適化を実行するために含まれている。 Pythonのスクリプトは、メニューに自身をインストールすることができます。 Mac OS X対応プラットフォームとしてサポートされます。
タグ: Major feature enhancements
Open shells in Gamess and Turbomole outputs are
now supported. Periodic wave functions are also
supported. The ability to read grid data and
visualize them, to read PQS outputs, to read the
Bravais matrix for defining unit cells, to
generate input files for Gaussian, and the ability
to save drawings as PNG files and Postscript
bitmaps have been added. Scripts to set atom
colors through the user interface and to perform
UFF geometry optimization using Turbomole's UFF
module have been included. Python scripts can now
install themselves in a menu. Mac OS X is now
supported as platform.

2001-01-30 15:14
2.3

このリリースでは(これ以上の分子座標系)、固定埋め込みPythonインタプリタは、分子の熱力学的性質と反応、それらの間は、ミラーの平面ディスプレイの固体のための計算では、分子の移動リワークが含まれては、OpenGL / XのWindowsの統合は、多くの変更をバグ修正、および入力フィルタGAMESSのための。ユーザーインターフェイスをスペイン語にtranlatedされている。
This release includes an embedded Python interpreter, calculation of thermodynamic properties for molecules and reactions between them, display of Miller planes for solids, reworked moving of molecules (no more molecule fixed coordinate system), changes to the OpenGL/X Windows integration, a lot of bug fixes, and an input filter for Gamess. The user interface has been tranlated into Spanish.

2001-01-30 15:14
2.2.1

このバージョンのバグを修正バージョン2.2以降を発見し、能力)をオンザフライでの分子のファンデルワールス半径(つまり、接続を変更するに追加されます。 Optmization履歴/ MDの軌跡を今、バインディング、およびアイコンの分子モデリングフォーマットを認識してKDEにも提供されているアニメーションすることができます。
This version fixes bugs discovered since version 2.2 and adds the
ability to change Van der Waals radii (and therefore connectivity) of
a molecule on the fly. Optmization histories/MD trajectories can
now be animated, bindings and icons to KDE aware of molecular
modeling formats have also been provided.

プロジェクトリソース