ダウンロードリスト

プロジェクト概要

Veusz は、公開できる Postscript、PDF、または SVG 出力を作成するように設計、科学用プロット パッケージです。使いやすいグラフィカル インターフェイスとコマンド ライン インターフェイスを備えてとスクリプトを作成したりできる Python スクリプトに埋め込まれました。グラフの個別のコンポーネントをモジュール方式で構築されます。データセットを対話的に変更または、プログラム内から作成できます。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2011-11-29 07:46
1.14

このリリースには、対話的なチュートリアルが含まれます。データのプロット ウィジェット色データ ポイント別のデータセットによると今することができます。CSV インポート多く、ヨーロッパの数値形式と異なる日付の形式が向上します。データセットは、今コピー、貼り付け、またはクリップボードからインポートすることができます。エクスポートする SVG ファイルのサイズを大幅に削減されています。軸のウィジェットが対話的に変更すると、その範囲を持つことができ、最小と最大の日付と時刻の形式を指定できます。さらに、他のいくつかのマイナーな改良とバグ修正がされています。
This release includes an interactive tutorial. The data plotting widget can now color data points according to another dataset. The CSV import is much improved, allowing European numerical formats and different date formats. Datasets can now be copy, pasted, or imported from the clipboard. The size of SVG exported files has been greatly reduced. The axis widget can have its range interactively changed, and its minimum and maximum can be specified in date-time format. In addition, there have been several other minor improvements and bugfixes.

2011-08-22 19:59
1.13

別々のスレッドは現在、レンダリングのプロットに使用されます。出力は、応答性を向上させる、とすぐにドキュメントが更新されるたびに更新されます。三元のプロットのウィジェットが追加されました。ページのサイズを個別に変更することができます。バイナリ、NPY、およびNPZデータ形式がサポートされています。目盛ラベルは、45度間隔で回転させることができる。ポイントは、非直交プロットにラベルを付けることができます。さらにマイナーな改良とバグ修正が行われた。
タグ: Stable
Separate threads are now used for rendering plots. Output is updated as soon as the document is modified, improving responsiveness. A ternary plot widget has been added. Sizes of pages can be modified separately. Binary, NPY, and NPZ data formats are supported. Tick labels can be rotated by 45 degree intervals. Points can be labelled in non-orthogonal plots. Further minor improvements and bug fixes were made.

2011-06-29 05:53
1.12

複数のウィジェットは、現在、それらのプロパティを一度に変​​更できるように、Veuszで選択することができます。コンテキストメニューは、そのファイルに属するすべてのデータのリンクを解除または削除するには、データセットブラウザでファイルが追加されました。データ編集ダイアログボックスは、データセットブラウザのウィジェットを使用しています。日付/時刻データ型が含まれており、これらの値は、簡単にデータの編集]ダイアログボックスで編集することができます。そこにもいくつかのマイナーなLaTeXのサポートの改善をされている、と多くのバグが修正されています。
タグ: Stable
Multiple widgets can now be selected in Veusz, so that their properties can be changed together. A context menu has been added for files in the dataset browser to unlink or delete all the data belonging to that file. The data edit dialog box now uses the dataset browser widget. A date/time data type is now included, and these values can easily be edited in the data edit dialog box. There have also been some minor LaTeX support improvements, and a number of bugs have been fixed.

2011-04-04 22:49
1.11

Veuszはグラフ上の点を識別するためのポイントピッカーが含まれています。プログラムは、データセットの編集やフィルタリングを可能にする新しいデータセットを参照してドッキングウィンドウを持っています。ときフィッティングデータは、Veuszが今より良い最小化するためのPyMinuitを使用することができます。セルフテストプログラムは、現在の出力を確認して提供されています。コンソールの歴史は理性的である。 LaTeXの上付き文字と添字は、同じ水平位置に表示されます\ \キーのテキストで作品を。 Veuszはネイティブと米国の書式設定、プログラムのロケールを切り替えることができます。ブランクが今回は、CSVファイルでは無視することができます。また、バグ修正の数が行われている。
タグ: Stable
Veusz now includes a point picker for identifying points on graphs. The program also has a new dataset browsing dock window, which allows for dataset editing and filtering. When fitting data, Veusz can now use PyMinuit for better minimization. A self test program is now provided to check output. The console history is more intelligent. LaTeX superscripts and subscripts appear at the same horizontal position and \\ works in key text. Veusz can now switch between native and US formatting and program locales. Blanks can now be ignored in CSV files. There have also been a number of bug fixes.

2010-12-14 06:46
1.10

このリリースでは、2つの新しいプロットのウィジェットを、サンプルの分布と極座標グラフをプロットするためのボックスプロットが含まれています。データの編集]ダイアログボックスが多くの新しいデータセットを作成するために使用する方が簡単です。 CSVファイルリーダーの機能強化が行われている。 QDPファイルもインポートできるようになりました。日付と時刻は、データファイル内のローカル形式で書き込むことができます。データセットは、間隔で自動的にリロードすることができます。また、このリリースではウィンドウを開くことなく、サイレントモードで実行するためのオプションを含むいくつかのマイナーな機能強化と多くのバグフィックスが含まれています。
タグ: Stable
This release includes two new plotting widgets, a box plot for plotting sample distributions and a polar graph. The data editing dialog box is much easier to use to create new datasets. There have been enhancements to the CSV reader. QDP files can also now be imported. Dates and times can also be written in local formats in data files. Datasets can be reloaded automatically at intervals. This release also includes several minor feature enhancements and a number of bugfixes, including an option to run silently without opening a window.

プロジェクトリソース