ダウンロードリスト

プロジェクト概要

PUF(PIC USBフレームワーク)とは、Linuxをホストとし、PICマイコン「18F4550ファミリ」をデバイスとしたUSBアプリケーションフレームワークである。 PUFには以下のものが含まれる。 1. USBを介してPICアプリケーションを書き換え可能なブートローダー 2. ユーザーアプリケーションの構築支援を目的としたコンポーネントライブラリ 3. PICのデモ 4. ホスト/ドック/フラッシュ・プログラミングユーティリティに関連するアプリケーション 5. クロス開発環境ツールとしてのgputilsとsdcc 6. パラレルポートを利用したPICプログラマの情報

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2007-01-01 16:23
1.1

のsdccの最適化フラグがデフォルトでオンに切り替えられます。 (小さな実時間スケジューラのメカニズムコンソール)は、ユーザーアプリケーションを構築するために追加されているなどのコンポーネントを追加しました。ツールのsdccのスナップショット4482、オデッセイ0.5、gputilsの0.13.4 1.9.6、autoconfの2.59dはautomakeにアップグレードされている。アプリケーションのサイズに最適化されています。
タグ: Minor feature enhancements
sdcc optimization flags are now switched on by
default. A component library (including a console
mechanism and a small real time scheduler) has
been added to help building user applications.
Tools have been upgraded to automake 1.9.6,
autoconf 2.59d, sdcc snapshot 4482, odyssey 0.5,
and gputils 0.13.4. The applications size has been
optimized.

2006-04-26 16:53
1.0

割り込みのサポートが追加されている。アプリケーションコードは、今のUSBの状態にアクセスできます。ブートローダの設定をすぐに集約されます。ブートローダはUSB機能をすぐにはデフォルトでは、もうそのデバイスはクラッシュしないアプリケーションを再フラッシュ使用されます。固定アドレスヌバッファされなくなりますで。
タグ: Initial freshmeat announcement
Support for interrupts has been added. The
application code can now access the USB states.
The configuration of the bootloader is now
centralized. The bootloader USB functions are now
used by default, so reflashing an application does
not crash the device anymore. EP buffers are no
longer at fixed addresses.

プロジェクトリソース