ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

仮想 Qmail は、qmail のインストール環境で仮想ドメインを簡単に管理できるようにするアプリケーションを提供します。(プラグインをサポートしています) を Web 経由で自分のメールボックスを構成することができます CGI アプリケーションが含まれています。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2005-11-22 00:30 リリース一覧に戻る
10

このリリースでは、新しいビューvq_view_user_cnt_by_domを追加します。また、user_add関数を変更する更新プログラム(これはPostgreSQLの8のための修正)です。 jarファイルをPREFIXを移動された/ libに/ vq。 RPMパッケージvq -のjdbcするときにのみrpmbuildをgets"を作成される-と"は、コマンドライン上でのjdbc。データベース関数の引数を1つに延長されuser_add。の新しい設定ファイルをqmailvqd、""、構成するかどうかをユーザーのmaildirのアカウントの削除中に保存されなければならない使用されてbackup_deleted。
タグ: Minor feature enhancements
This release adds a new view vq_view_user_cnt_by_dom; update also modifies the user_add function (this is a fix for PostgreSQL 8). Jar files were moved to PREFIX/lib/vq. The RPM package v-q-jdbc is now created only when rpmbuild gets "--with jdbc" on the command line. The database function user_add was extended by one argument. A new configuration file for qmailvqd, "backup_deleted", is used to configure whether a user's maildir should be saved during account removal.

プロジェクトリソース