ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

仮想 Qmail は、qmail のインストール環境で仮想ドメインを簡単に管理できるようにするアプリケーションを提供します。(プラグインをサポートしています) を Web 経由で自分のメールボックスを構成することができます CGI アプリケーションが含まれています。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2006-02-19 23:06
11

現在(変更のフラグは、ユーザーのアカウントを変更するとパスワードは同じ時)にも可能です。 gcc 4.0でのコンパイルの問題が修正されている。
タグ: Minor bugfixes
It's now possible to modify a user's account (change flags and password at the same time). Compilation problems with gcc 4.0 have been fixed.

2005-11-22 00:30
10

このリリースでは、新しいビューvq_view_user_cnt_by_domを追加します。また、user_add関数を変更する更新プログラム(これはPostgreSQLの8のための修正)です。 jarファイルをPREFIXを移動された/ libに/ vq。 RPMパッケージvq -のjdbcするときにのみrpmbuildをgets"を作成される-と"は、コマンドライン上でのjdbc。データベース関数の引数を1つに延長されuser_add。の新しい設定ファイルをqmailvqd、""、構成するかどうかをユーザーのmaildirのアカウントの削除中に保存されなければならない使用されてbackup_deleted。
タグ: Minor feature enhancements
This release adds a new view vq_view_user_cnt_by_dom; update also modifies the user_add function (this is a fix for PostgreSQL 8). Jar files were moved to PREFIX/lib/vq. The RPM package v-q-jdbc is now created only when rpmbuild gets "--with jdbc" on the command line. The database function user_add was extended by one argument. A new configuration file for qmailvqd, "backup_deleted", is used to configure whether a user's maildir should be saved during account removal.

2005-11-14 02:20
9

RPMパッケージで修正マイナーな問題:グループが現在インストール中のため、ユーザーは適切なグループに追加する追加されます。 qmailvqdように、アイドルモード時のCPU時間をたくさん食べていない変更されました。情報は、プロジェクトのSubversionリポジトリからソースコードを取得する方法についてのドキュメントに追加されています。
タグ: Minor bugfixes
Fixes minor problems in the RPM package: groups are now added during installation, so users are added to proper groups. qmailvqd was modified so that it doesn't eat a lot of CPU time when in idle mode. Information has been added to the documentation about retrieving source code from a project's Subversion repository.

2005-09-18 13:12
8

それはときにiauthインターフェイスの実装への接続が失われて終了qmailvqdデーモンのように変更されました。これは標準エラー出力には、この情報を書き込みます。ファイルロックは、書き直されています。今はもっと安定し、それ以前のバージョンで、ロックは発生しません。ユーザの削除、固定されているとして、いくつかのリリース前から切断されている。
タグ: Major bugfixes
The qmailvqd daemon was changed so that it now
exits when the connection to the implementation of
the iauth interface is lost. It writes information
about this to standard error output. File locking
has been rewritten. It's now more stable, and it
will not cause locks as in previous version.
Removing users has been fixed, as it has been
broken since several release ago.

2005-06-14 22:44
7pre1

Oracleは、サポートされ、ある仮想Qmailをインストールするには、SQLスクリプトです。 JDBCのデーモンが固定され、Oracleとテストを行いました。ドキュメントに拡張されました。これは、現在、PostgreSQLとOracleのデータを格納するために使用することができます。いくつかの他のデータベースシステム、およびテストされたドキュメントの結果に関する情報が含まれます。
タグ: Minor feature enhancements, Development
Oracle is now supported, and there are SQL scripts to install Virtual Qmail. JDBC daemons were fixed and tested with Oracle. The documentation was extended. This means that now PostgreSQL and Oracle can be used to store data. Some other database systems were tested, and the documentation includes information about the results.

プロジェクトリソース