ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

UCSは、次のような特徴を持つ、予め設定されたLinuxサーバーOSです。
・Microsoft Active Directoryと互換性のあるActive Directoryのようなドメインサービス
・ユーザー、権限及びインフラの管理のための成熟し、使いやすいWEBベースの管理システム
・単一サーバーでのシナリオだけでなく、一つのUCSドメインに属する何千人ものユーザーのための数千のクライアントとサーバーを実行及び管理するのに適した拡張性のある基本的なコンセプト
・シングルクリックでのインストール並びにサードパーティやUniventionからの多くのビジネス·アプリケーションの統合を提供するアプリケーション・センター
・Linux及びUnixベースのクライアントを管理する管理機能
・自動化と拡張のためのコマンドライン、スクリプト・インターフェース、API

その目的は、Windows及びLinuxベースのクライアントを用いて企業のIT環境を実行及び運用し、実績のあるエンタープライズ・ソフトウェアでこのような環境を拡張することにより、クラウドや施設上においてMicrosoftサーバーのようなサービスを提供することです。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2013-02-05 08:28
3.1

Univention アプリケーション センターのソフトウェア コンポーネントの簡単な統合。Univention 広告買収のための MS Active Directory UCS Samba 4 3 をベースに移行。MS Windows 8/MS Windows Server 2012 4 のサポート。Linux カーネルはバージョン 3.2.30 に更新されました。UEFI ブート標準システムのサポート。インストールは既定では 6 標準の GUID パーティション テーブルで行います。グループ メンバーシップ解決に例えば、大規模な環境のパフォーマンスが向上します。UCS の仮想化スタックの更新。Xen 4.1.3、QEMU/KVM 1.1.2 と libvirt 0.9.12。
タグ: libvirt 0.9.12, QEMU/KVM 1.1.2, Xen 4.1.3., UEFI boot standard, Linux kernel 3.2.30, MS Windows Server 2012, MS Windows 8, migration of AD
Univention App Center for the simple integration of software components. Univention AD Takeover for migration of MS Active Directory to UCS based on Samba 4 3. Support for MS Windows 8/MS Windows Server 2012 4. Linux kernel has been updated to version 3.2.30. Support of systems with the UEFI boot standard. Installation is now performed in the GUID Partition Table standard by default 6. Performance improvements for large environments, e.g. for group membership resolution. An update of the UCS virtualization stack; Xen 4.1.3, QEMU/KVM 1.1.2, and libvirt 0.9.12.

プロジェクトリソース