ダウンロードリスト

プロジェクト概要

Unix モバイル エージェントは一連の bash スクリプトで実装された一般的な柔軟な使いやすいモバイル エージェント アーキテクチャです。この設計は展開し、設定に些細なことになされます。ソート順、ユーザー定義の順序またはランダム ・ ウォークとしてネットワーク上を移動するエージェントを構成できます。ループの繰り返しでまたは単一のパスでも、ネットワークを介して実行できます。パブリック キー SSH 認証経由で接続され、画面ユーティリティは、使用端末を必要とせずに実行するエージェントを許可します。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2005-05-29 18:39
1.7

エージェントのローカル作業ディレクトリがNFSマウントの衝突を保証するためにエージェントを実行するために使用されているが変更されています。ユーザーは、明示的には、コマンドライン上のホストを除外することができます。 upgrade.shエージェントの代わりに、削除されては、インストールのUMAそのもの。エージェントの現在のシェルスクリプトでなければなりません。このバグを修正するときのエージェントホストの横に何を跳ねになる影響を与えるには、エージェントの分岐の結果とした。のUMAすぐにrsyncを移行するには、'の代わりにscpコマンド'を使用します。
タグ: Major feature enhancements
The local working directory for agents has been modified to guarantee no collisions when NFS mounts are being used to run agents. Users can now exclude hosts explicitly on the command line. upgrade.sh was removed in lieu of an agent that installs UMA itself. Agents must now be shell scripts. This fixes a bug when an agent tried to influence what host would be hopped to next, resulting in a forking of agents. UMA now uses rsync to migrate, instead of 'scp'.

2005-02-22 03:59
1.6

このリリースでは、"ビーコン"という場合は、ネットワークを介してエージェントの進捗状況を追跡できるように機能を追加しました。ビーコン、および汎用され、任意のメッセージを家に送るために、エージェントから使用することができます。これによってエージェントのように、すべてのマルチタスクを控えて最後のSSH呼び出しのプッシュされ、変更された移行方法。
タグ: Major feature enhancements
This release added a "beaconing" capability that allows you to track the agents progress through the network. The beaconing is generic, and can be used from within agents to send arbitrary messages home. The method by which agents migrate was modified so that all tasking is pushed ahead of the final SSH call.

2004-10-18 03:45
1.5

一般的なエージェントスクリプトは$ 0は、エージェントの名前から実行するには、agent_functionsより汎用的な作り、取り出して使用可能な手作りのエージェントのスクリプト。エージェント間のメッセージング機能は、エージェントの複数のパスをラインメッセージは、各エージェント上の他のレベル、またはブロードキャストのエージェントは、タスクレベルでpidをできるように追加されている。
タグ: Minor feature enhancements
The generic agent script now pulls from $0 the name of the agent to run, making agent_functions more generic, and usable by homemade agent scripts. An inter-agent messaging feature has been added, allowing agents to pass multi-line messages to each other on the agent PID level, or broadcast on the agent task level.

2004-10-03 17:06
1.4

このリリースで中止するファイルの削除を行うにいくつかのミッションを追加し、再開するエージェントを待った。 spawnagentスクリプトのように、エージェントは常にローカルホストだけでどこかに移行する上では実行されませんが追加されています。また、これで物事が実行される順序を保証することができます。この場合も、最初の1つは、現在のノードを指定する必要はないということ、それ自体がその数字。検証がgoto_hostと呼ばれ実行されていない、それを手でagent.shで行われます。
タグ: Minor feature enhancements
This release adds some missions to do removal of abort files and resume waited agents. A spawnagent script has been added so that the agent doesn't always run on localhost just to migrate it somewhere else. It also allows you to guarantee the order in which things are executed. This means you also don't need to specify the current node for the first one; it figures it out itself. Validation is not performed when goto_host is called; it is done by hand in agent.sh.

プロジェクトリソース