ダウンロードリスト

プロジェクト概要

UDIG (User-friendly Desktop Internet GIS)は空間データのビューア兼エディタであり、OpenGISによるインターネットGIS向けの標準規格であるWeb Map Server(WMS)とWeb Feature Server(WFS)を重視しています。 オープンソースのコンポーネントを利用して空間情報を扱うアプリケーションを構築する際の共通プラットフォームもあわせて提供します。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2011-12-09 08:28
1.3.0

このポイント リリースには、新しい機能と新しいツール パレットと簡単にアクセスできるツール オプションのいくつかの優れたユーザビリティ改善が含まれています。
タグ: Minor, Stable
This point release includes new functionality and some great usability improvements, with a new tool palette and easy-to-access tool options.

2008-06-29 16:31
1.1-RC14

能力地理画像へのエクスポートが追加されました。一般的なクエリ言語の選択表ビューに追加されました。多数のバグが修正されました。
タグ: Minor feature enhancements, Stable
The ability to export to a georeferenced image was
added. Common Query Language selection was added
to Table View. Numerous bugs were fixed.

2007-10-01 23:32
1.1-RC12

主な編集ツールの修正、小さなUIをクリーンアップし、Windowsインストーラの修正。このリリースではEclipse 3.3を使用します。
タグ: Major bugfixes, Stable
Major Edit Tool fixes, small UI clean ups, and a fix for the Windows installer. This release uses Eclipse 3.3.

2007-08-18 02:03
1.1-RC11

このリリースでは、多くのラベル層をマップに改善されます。これは、1層ごとにカスタマイズできるようにグリッドMapGraphicには、グラフィックが可能にスタイラーしています。 ArcSDEをサポートして固定されている。そこを編集するためのバグ修正されます。
タグ: Minor bugfixes, Stable
This release is improved for maps with many label layers. It has a styler for the Grid MapGraphic that allows the graphic to be customized on a per-layer basis. ArcSDE support has been fixed. There are bugfixes for the editing.

2007-05-22 09:46
1.1.0-RC10

レイヤのエクスポートは、進捗状況のモニタリングを改善しており、オプションの別の投影の層のエクスポートをサポートして安定性が向上しています。表形式のビューは、すべての選択をサポートします。コードの高速化の選択は、レンダリングに追加されている。
タグ: Minor bugfixes, Development
Layer Export now supports the option to export the layer in a different projection, has improved progress monitoring, and has improved stability. Table view now supports selecting all. Code speedups have been added in the rendering of a selection.

プロジェクトリソース