ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

UDAV は、MathGL ライブラリに基づくデータ配列の視覚化のためのクロスプラット フォーム プログラムです。グラフィック、簡単なスクリプト言語と視覚的なデータの処理および編集の広いスペクトルをサポートしています。データの表示、変更、およびプロットのウィンドウ インターフェイスをしています。それすることができます MGL スクリプトを実行、設定しグラフィックスを回転、ビットマップまたはベクター (EPS または SVG) ファイルへのエクスポート、TeX のような数式を描画などなど。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2011-05-30 22:36
0.7.1.2

マイナーバグが修正されました。
タグ: Minor bugfixes
Minor bugs were fixed.

2011-03-27 06:17
0.7.1.1

Qtのバージョンで接続されていない操作のバグが修正されました。
タグ: Minor bugfixes
A bug with unconnected actions in the Qt version was fixed.

2011-03-25 16:28
0.7.1

新しいGUIが追加されました。 FLTKのバージョンは、Qt一つとしてほとんど同じ機能を持っているように更新されました。マイナーなバグ修正や改良が行われた。
タグ: Minor improvements and bug fixes
A new GUI was added. The FLTK version was updated to have mostly the same features as the Qt one. Minor bugfixes and improvements were made.

2010-11-18 00:58
0.7.0.1

テンプレートが追加されました。テンプレートは、%1 ...%9は、ユーザー定義の文字列で置換することができる通常のスクリプトです。テキストデータファイル(Win32の主の下)を読みに関するバグが修正されました。
タグ: Minor bugfixes, Minor feature enhancements
Templates were added. Templates are usual scripts where %1...%9 can be substituted by user-defined strings. A bug concerning reading textual data files (mostly under Win32) was fixed.

2010-11-10 16:18
0.7

(ダブルクリック)は、選択されたプロットは、現在強調表示されます。 "新しいコマンド"ダイアログが改善された。現在の行が"新しいコマンド"ダイアログの解析されます。キーワードの完了は、エディタで実装されました。列名は、データテーブルに表示されます。歴史は、電卓のために追加されました。環状アニメーションパラメータが保存され、スクリプトにロードされます。圧縮されたSVGは、デフォルトで保存されます。 "epstopdf"がインストールされている場合、PDFは、ベクトルEPSから自動的に行われます。テキストファイルのドラッグ&ドロップが実装されました。新しいホットキーが追加されました。ユーザー定義のテンプレートは、データファイルを開くために使用することができます。データテーブルは、スクリプトの実行後に更新されます。画像は印刷用にスケーリングされます。他のマイナーな機能強化が行われた。
タグ: Major feature enhancements
The selected (double-clicked) plot is now highlighted. The "New command" dialog was improved. The current line is parsed for the "New command" dialog. Keyword completion was implemented in the editor. Column names are displayed in data tables. History was added for the calculator. The cyclic animation parameter is saved and loaded into the script. Compressed SVG is saved by default. PDF is made automatically from vector EPS if "epstopdf" is installed. Drag'n'drop for text files was implemented. New hotkeys were added. User-defined templates can be used for data file opening. The data tables are updated after the script execution. An image is scaled for printing. Other minor enhancements were made.

プロジェクトリソース