プロジェクトの説明 Webページ レビューする

TSPSGは "巡回セールスマン問題"(TSP)タスクの生成と解決を目的としています。解決のために分枝限定法を使っています。入力は、都市の数と都市間の移動コスト行列です。行列には指定された範囲のランダム値を格納できます(タスク生成に役立ちます)。結果は、最適ルートの1つ、プライス、解決のステップバイステップの行列、解決のグラフです。タスクを内部バイナリ形式で保存し、あとでオープンできます。結果は、印刷するか、PDF、HTML、または ODFとして保存できます。TSPSGは、教師がテストタスクを生成したり、普通のユーザが TSPを解決するのに役立ちます。またこれは、特定のタスクを解決する分岐限定法の使用例としても有用でしょう。

レビュー
あなたの評価
レビューする