ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

transcodeはビデオストリーム処理用のコンソールツールです。 このツールによって、ビデオやオーディオの基本的なフレーム変換処理を行うことができます。

いくつかのモジュールがサンプルとして含まれていて、 インポートではMPEG-1/2、Digital Video、その他の形式を、 エクスポートではDivXを使用したAVI、OpenDivX、XviD、Degital Video、その他の形式を扱うことができます。 また、直接DVDを変換することもできます。

このツールは入力データを生のビデオストリーム/オーディオストリームへデコードすることによってAVIファイル用の後続処理を適用可能にしています。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2009-11-02 04:51
1.1.5

このリリースでは、特別な細工がされたインポートモジュールウェブカメラlibv4lを使用してターゲットを追加します。 import_v4l2でこれを修正する色空間を検出。 tcdemuxでは、ストリームのパススルーのための選択を制限ビルトインが削除されています。x264モジュールlibx264で動作するように"= 76、固定されている。ビデオの安定化プラグインのバージョン0.61に更新されている。 libmpeg2オプションの依存関係(libmpeg2convertも必要です)。
タグ: Minor feature enhancements
This release adds a specially-crafted import module targeting Webcams using libv4l. It fixes the colorspace detection in import_v4l2. In tcdemux, the built-in limit of streams selectable for passthrough has been dropped.
The x264 module has been fixed to work with libx264 >= 76. The video stabilization plugins have been updated to version 0.61. libmpeg2 is an optional dependency (libmpeg2convert is needed too).

2009-08-24 08:07
1.1.4

このリリースで修正さ2つの最近の重大なバグを報告しました:autoconfを2.64に準拠するシステムを構築するに修正。これはバグ修正:#16046。
タグ: Minor bugfixes
This release fixes two recently reported critical bugs:
It fixes the build system to comply with autoconf 2.64.
It fixes bug: #16046.

2009-07-19 22:08
1.1.3

サポートCubicKeys4とSinc8のためのアルゴリズムズームが追加されました。サポート入力の選択およびチャネルimport_v4l2にチューニングするための追加されました。これは、1.2.xのブランチからバックポートされました。スプリアス、警告を使用する場合、- Yを*記述1.0から)(回帰tcaud修正されました。さまざまなバグが修正されました。
タグ: bugfix, Minor
Support was added for CubicKeys4 and Sinc8 zoom algorithms. Support was added for input selection and channel tuning into import_v4l2. This was backported from the 1.2.x branch. Spurious write warnings when using -y *,tcaud (a regression from 1.0) were fixed. Various bugs were fixed.

2009-03-29 08:03
1.1.2

- Wオプションは、再び同じように1.0.xのブランチで行ったように動作します。 filter_logoawayのアルファデータを適切に(セグメンテーション違反回避)処理されます。 *情報は、FAQから削除された古いlibav。その他のバグが修正されました。 x264実験的なエンコーダは現在、最後のlibx264スナップショットに建設されることがあります。トランス今FFmpegはせずに構築されることがあります。
The -W option once again works like it did in the 1.0.x branch. The alpha data in filter_logoaway is properly handled (avoiding segfault). The outdated libav* information was removed from the FAQ. Other bugs were fixed. The x264 experimental encoder may now be built with the last libx264 snapshots. transcode may now be built without FFmpeg.

2009-02-22 21:51
1.1.1

import_imlistモジュールは非推奨です。を使用する- multi_input - Xのイムの代わりに。 dectectclippingフィルタは、ログファイルを使用して許可されます。大きなYAIT更新を行った。 "フレーム"のオプションfilter_textに追加されました。 tcmodinfoリンクとロードの問題が解決された。
タグ: Minor bugfixes
The import_imlist module is deprecated. Use --multi_input -x im instead. The dectectclipping filter is now allowed to use a log file. A big YAIT update was done. The "frame" option was added to filter_text. tcmodinfo linking and loading problems were resolved.

プロジェクトリソース