ダウンロードリスト

プロジェクト概要

トゥーンは、C++ のための非常に効率的な数値ライブラリです。ライブラリの主な焦点は、効率的で安全な小さなベクトル マトリックスの大量の処理とコンパイル時のチェックが可能です提供することです。図書館はまた大規模なベクトルと行列で動作し、既存のコードと簡単に統合します。さらに小学校のベクトルと行列の演算、ライブラリ プロバイダーの線形ソルバーも、マトリックス分解、最適化、および LAPACK のラッパー。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2012-02-09 08:06
2.0

これは、2.0 シリーズの最初の非ベータ版リリースです。2.0 以上の機能より一般的な使いやすい、はるかに少ないバギー 1.x より小さいです。2.0_Beta8 を比較して、新しい機能は、行列の平方根と ln、SL <>:: ln;Sim(2) と Sim(3) グループ;CLAPACK 互換;多くのより良い統合 FADBAD + +。多数の他のバグ修正に加え、バグがプラットフォームの互換性と組み込み SVD で修正されました。
This is the first non-beta release of the 2.0 series. 2.0 has more features and is more general, easier to use, much less buggy, and smaller than 1.x. The new features compared to 2.0_Beta8 are matrix square root and ln, SL<>::ln; Sim(2) and Sim(3) groups; CLAPACK compatibility; and much better FADBAD++ integration. In addition to numerous miscellaneous bugfixes, bugs have been fixed in platform compatibility and the builtin SVD.

2010-11-04 06:00
2.0-Beta 8

主な機能強化は、のstd::サポート::複雑な自動の分化FADBAD + +、STLコンテナのベクトルを格納するためのサポートと、- configのサポート、およびconst正しさをpkgのガウスニュートンオプティマイザのスパースヤコビ。マイナーな拡張機能は、ConjugateGradientのNaN -校正、より完全な回帰テスト、SO3の正当性のテスト、およびdoxygenのタグファイルをサポートしています。また、多くのバグが修正されました。
タグ: Feature Enhancements, Bugfixes
Major enhancements are: support for std::complex and automatic differentation with FADBAD++, support for storing Vector in STL containers, sparse Jacobians in Gauss-Newton optimizer, pkg-config support, and const correctness. Minor enhancements include NaN-proofing of ConjugateGradient, more complete regression tests, correctness tests for SO3, and doxygen tag file support. In addition, a number of bugs have been fixed.

2009-12-12 03:51
2.0-Beta 7

バグが修正されている。 Cのコンプライアンス+ +コードされて(Visual Studioと互換性の改善など、改善された)。関数の名前付けの一貫性が改善されている。ようこそトゥーンでより多くの下位互換性- 1、より多くのドキュメントです。
タグ: Bugfixes, Minor feature enhancements
Bugs have been fixed. The compliance of C++ code has been improved (including improved compatibility with Visual Studio). The consistency of function naming has been improved. There is more backwards compatibility with TooN-1 and more documentation.

2009-10-28 02:29
2.0-Beta6

多くのバグ修正に加えて、いくつかの機能が追加されている。静的/動的スライスを混在。内蔵の特異値分解(はるかに速くLAPACKのも行列の大きさ程度に小さいため)。対称行列の平方根と逆平方根。正確な数値微分(最初と2番目)リッダーのメソッドを使用して。効率的なサイズ変更可能なベクトル。回帰テストのフレームワークです。トゥーンとの連携強化の下位互換性- 1。単精度LAPACKのベースコレスキー分解。より多くのドキュメント。
タグ: Bugfixes, Feature Enhancements, Beta
In addition to many bugfixes, several features have been added. Mixed static/dynamic slices. Built-in singular value decomposition (much faster than LAPACK for small to moderate sized matrices). Symmetric matrix square root and inverse square root. Accurate numerical derivatives (first and second) using Ridder's method. Efficient resizable vectors. A regression testing framework. Better backwards compatibility with TooN-1. Single precision LAPACK based Cholesky decomposition. More documentation.

2009-07-30 03:06
2.0-Beta5

このリリースではいくつかの新しい機能:IRLS、行列式関数、およびその他の行列演算のための新しいreweightingクラスを追加します。これは、内部のドキュメントを含むドキュメントの多くを追加し、マイナーなバグの数をしています。
タグ: Bugfixes, Beta, features, Documentation
This release adds some new features: a new reweighting class for IRLS, a determinant function, and miscellaneous matrix operations. It adds a lot of documentation, including documentation of the internals, and has a number of minor bugfixes.

プロジェクトリソース