ダウンロードリスト

プロジェクト概要

tn5250 は IBM のように/400 (今 eServer iSeries として知られている) 接続するため、5250 端末エミュレーター ミッドレンジのコンピューター。tn5250 では、それがデバイス名を選択、およびプリンター セッションのできることを意味します TN5250E を実装します。エミュレーターには、色、132 列のモード、および 5250 端末とクライアント アクセスの 5250 エミュレーターで見つかった他のほとんどの機能をサポートします。Tn5250 はテキスト ベースのアプリケーションですが、スクリプトは、xterm 上で正しく実行する含まれています。どのような AS を知っていない場合/400 は、このプログラムはおそらくされません多くの使用をします。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2002-08-07 07:37
0.16.5

システムの広範な、より良いSCSのサポート、機能、SSLプロトコルを指定する上でコンパイルするためのサポート、およびキーマッピングファイルコード内で変更します。
タグ: Minor feature enhancements
Support for compiling on a wider variety of systems, better SCS support, the ability to specify an SSL protocol, and changes in the keymapping code.

2002-05-14 23:57
0.16.4

TN5250の最新バージョンの多くのことを、そのうちの最も顕著な追加のWin32のサポートを返すことです。も含まれてSSLクライアント証明書をサポートし、PDFファイル、カラーマッピング、およびバグ修正は、通常のスルーするSCSのストリームに変換するフィルタです。ライセンスは、特定の他のプログラムで配布できるようにLGPLに変更されている(最も顕著なのOpenSSL)。
タグ: Minor feature enhancements
The latest version of tn5250 adds many things, of which the most notable is the return of Win32 support. Also included are SSL client certificate support, a filter to convert SCS streams to PDF, color remapping, and the usual slew of bugfixes. The license has also been changed to LGPL to allow distribution with certain other programs (most notably OpenSSL).

2001-12-11 00:25
0.16.3

SSLに対応し、tn5250rc(設定ファイルのmanページ)、およびいくつかの追加キーのマッピング。
タグ: Minor feature enhancements
SSL support, a man page for tn5250rc (the config file), and some additional key mappings.

2001-08-22 20:18
0.16.2

このリリースでは小さなバグの修正が多数含まれ、いくつかのドキュメントの強化、およびいくつかの新機能。 TN5250の今(これはIBMのClient Accessで同様のもの)、およびscs2psのほかは、PostscriptにSCSの変換は、スタンドアロンプログラム。tn5250rcでのフォントの仕様ルール行をサポートします。
タグ: Minor feature enhancements
This release includes a number of small bug fixes, some documentation enhancements, and several new features. tn5250 now supports rule lines (similar to those in IBM's Client Access), font specification in the .tn5250rc, and the addition of scs2ps, a standalone program that converts SCS to Postscript.

2001-01-30 15:14
0.15.6

バグの表示抑制の取り扱いには修正されました。三菱商事()、読むイミディエイト代替、および読み取り手伝いたいならフィールド代替のコマンドは、実装されて、そのようなホストに示されていますをサポートするためのカーソルを移動します。は、TD(透明データ)の順序も実装されて、しかし明らかにどこにも、ホストにこのことを示します。残りのキーボード処理session.c display.cから、移動され、返されなくキーボードイベントtn5250_display_waitevent。 refresh()を呼び出しcursesterm.cに追加されました。簡単なPerlスクリプトのすべての機能を医療用ロボットのコメントヘッダを挿入するために書かれた。
A bug was fixed in the handling of display inhibition. MC (Move Cursor) order, Read Immediate Alternate, and Read MDT Fields Alternate commands were implemented, and support of such is indicated to the host. The TD (Transparent Data) order was also implemented, but there is apparently nowhere to indicate this to the host. The remaining keyboard handling was moved from session.c to display.c, and tn5250_display_waitevent no longer returns keyboard events. The refresh() call was added to cursesterm.c. A quick Perl script was written to insert Robodoc comment headers for all the functions.

プロジェクトリソース