ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

TerminatorX は「スクラッチ」することができます、リアルタイム オーディオ シンセサイザー デジタル サンプリングされたオーディオ データ (*.wav、* *.au、*.mp3 など) 方法ヒップホップ Dj がビニール レコードをスクラッチします。複数のターン テーブル、リアルタイムエフェクト (組込み LADSPA プラグインの効果だけでなく)、シーケンサー、および使いやすい GTK + GUI を併設しています。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2011-02-09 21:16
3.83

修正プログラムは、GTK +のは、Xorg、および他のライブラリのAPIの変更に起因した様々な欠陥のために作られた。
Fixes were made for various defects that were due to API changes in GTK+, Xorg, and other libraries.

2004-11-03 17:44
3.82

このリリースでは、多くのバグフィックスステレオLADSPAプラグインは、新しいドライ/ウェットの制御、逆MIDIマッピング、ステレオVUメーター、ユーザインタフェースの改善のためのサポートをもたらします。
タグ: Major feature enhancements
This release brings support for stereo LADSPA
plugins, a new Dry/Wet control, reverse MIDI
mapping, stereo VU meters, user interface
improvements, and many bugfixes.

2003-08-22 20:11
3.81

このリリースに戻るジャックを紹介エンド、MIDIの強化、調整、色、シーケンサメニューで、LinuxはPOSIXの機能のサポート、およびデフォルトのMIDIマッピング。バグ修正機能ALSAのバックエンド、より多くのGCCのバージョンのサポート、セキュリティおよびその他のマイナーな修正が含まれます。
タグ: Major feature enhancements
This release introduces a JACK back-end, MIDI enhancements, adjustable colors, a sequencer menu, support for Linux POSIX capabilities, and a default MIDI mapping. Bugfixes include a functional ALSA back-end, support for more GCC versions, and security and other minor fixes.

2003-04-19 01:22
3.80

このリリースでは、XMLファイル、GUIのクリーンアップ、フルスクリーンで動作を設定するALSAのバックエンドは、MIDIインターフェイス、ズーム可能なオーディオウィジェットは、ピッチの計算、および詳細を紹介します。バグのかなりの量も固定されている。
タグ: Major feature enhancements
This release introduces an ALSA backend, a MIDI interface, zoomable audio widgets, a pitch calculator, XML set files, GUI cleanups, fullscreen operation, and more. A significant amount of bugs have also been fixed.

2002-09-19 19:28
3.73

このリリースではGTK +のサポートバージョン2を追加します。オーディオファイルライブラリ読み込みルーチンを大幅に改善された。構成データは、現在、XML文書内に格納されます。 suidされたルートのインストールは、パフォーマンスを強化するためサポートされます。クリーンなユーザーインターフェイスが使用されます。パネルバーのマンページを追加しました。多くのバグは、ものエンディアンの問題に関連するなどの固定された。
タグ: Minor feature enhancements
This release adds support for GTK+ version 2. The audiofile loading routines
were significantly improved. Configuration data is now stored within an XML
document. Suid-root installation is now supported to enhance performance. A
cleaner user interface is now used. A panel bar and a manpage were added. Many
bugs were fixed, including ones related to endian issues.

プロジェクトリソース