ダウンロードリスト

プロジェクト概要

Init は、すべてのプロセスの親です。その主な役割はファイル/etc/inittab で保存されているスクリプトからプロセスを作成することです。このパッケージには、再起動、シャット ダウン、killall を電源オフ、tellinit、sulogin、壁などのようなよく知られていると使用されるユーティリティも含まれています。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2005-10-17 17:36
2.86

2003-09-11 01:57
2.85

2002-01-08 05:50
2.84

telinitのためのこのリリースでは使用しませんの/ etc / initlvlインターフェイス、それのみを使用する/ devの/ initctl、および提供を明確にエラーが発生するときに失敗します。 -i/--initコマンドラインのフラグは、init"に、システムのinitの場合でも、#1 pidをしていない動作を指示にinit"が追加されています。このchroot環境でのテストに便利です/刑務所のタイプの環境。
タグ: Minor bugfixes
This release doesn't use /etc/initlvl interface for telinit; it only use /dev/initctl, and gives a clear error when that fails. The -i/--init command line flag has been added to init, which tells init "behave as system init even if you're not PID#1". This is useful for testing in chroot/jail type environments.

2001-08-27 17:03
2.81

は/ etc / init.d / rcが更新されました。 - Cの引数fsckを追加しました。でファイル/ var /と/ var /を実行して/ etc / mtabのものよりも新しいロックはもはや削除されます。これは、dhcpcdを問題を解決することがあります。カーネルメッセージをすぐに保存されますが/ var /ログ/ dmesgの。 - nが使用されてシャットダウンする0または6、またはファイルシステムをアンマウントする前にランレベルを切り替える前に同期を呼び出します。 umount今は、- fオプションは、NFS umounts力を持つと呼ばれます。 rcSの(5 TMPTIME文書)を修正しました。いくつかの化粧品の変更'をinit.c'が行われた。特定のファイルを/ usr /共有する最新のポリシーに準拠するために移されました。
タグ: Minor bugfixes
/etc/init.d/rc was updated. The -C argument was added to fsck. Files in
/var/run and /var/lock that are newer than /etc/mtab are no longer removed.
This may fix the dhcpcd problems. Kernel messages are now saved in
/var/log/dmesg. Shutdown now calls sync before switching the runlevel to 0 or
6, or before unmounting filesystems if -n was used. umount is now called with
the -f option to force NFS umounts. The TMPTIME documentation in rcS(5) was
fixed. Some cosmetic changes were made to 'init.c'. Certain files were moved to
/usr/share to comply with latest policy.

2001-07-19 19:17
2.79

いくつかの修正の壁に作られた。いくつかの余分な境界チェックが追加されました。/ dev / consoleを現在の制御端末として使用されます。 ttyの所有権を厳格にチェックするmesgは(1)実装されます。 - nオプション(一壁)に記載され、制限される。変更のglibc 2.2.2との互換性のために作られた。 I / Oリダイレクション今は壁のマンページに記載されます。 READMEを更新しました。は、init(8)のmanページが修正されたように、停止のミス(8)マニュアルページされた。シャットダウン(8)の時の引数が正しいかどうかチェックされます。最後の(1)古いセッションを今すぐチェック。
タグ: Minor bugfixes
Several fixes were made to wall. Several extra boundary checks were added.
/dev/console is now used as the controlling tty. Stricter checks on tty
ownership are now implemented in mesg(1). The -n option to wall(1) was
documented and restricted. Changes were made for compatibility with glibc
2.2.2. I/O redirection is now documented in the wall manpage. The README was
updated. The init(8) manpage was corrected, as was a typo in the halt(8)
manpage. The time argument of shutdown(8) is now checked for correctness.
last(1) now checks for stale sessions.

プロジェクトリソース