ダウンロードリスト

プロジェクト概要

Star is a very fast, POSIX-compliant tar archiver, maintained for more than 30 years. It saves many files together into a single tape or disk archive, and can restore individual files from the archive. It includes command line interfaces for the "tar", "Sun-Tar", "cpio", "pax", and "gnutar" command-line syntax. It includes a FIFO for speed, a pattern matcher, multi-volume support, the ability to archive sparse files and ACLs, the ability to archive extended file flags, automatic archive format detection, automatic byte order recognition, automatic archive compression/decompression, remote archives, and special features that allow star to be used for full and incremental backups. It includes the only known platform independent "rmt" server program.

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2013-01-12 14:57
1.5.2

良い NFS ファイル、マルチ ボリュームの変更操作のより良いハンドリング、不適切なバッファー オーバーフロー メッセージの回避策を新しい GCC バージョン、xz - と - lzip の圧縮のサポートからシグナル処理新しい - 多くの演算子を見つける、AIX、および Android のクロス コンパイルを含むいくつかの新しいサポートされているプラットフォーム上のナノ秒のタイムスタンプをサポートします。
Better signal handling for NFS files, better handling for multi volume change operations, a workaround for incorrect buffer overflow messages from newer GCC versions, support for -xz and -lzip compression, many new -find operators, support for nanosecond timestamps on AIX, and several new supported platforms including cross compilation for Android.

2009-12-10 10:12
1.5.1

多くの新しいプラットフォームがサポートされます。 64ビットに追加されているいくつかのプラットフォームのサポートをコンパイルします。バグは、いくつかの制約の下で、予想をstdoutの代わりに標準エラー出力に印刷出力を固定されている。スター- Xの名前が正しく動作します。回避策はいくつかのPOSIXの違反はPOSIX.1で導入- 2008、および追加されていることはPOSIX.1で導入されている問題- 2008に準拠したプラットフォームに対応する。
Many new platforms are supported. 64-bit compile support has been added for several platforms. A bug has been fixed that, under some constraints, printed the output on stderr instead of the expected stdout. Star -X name now works correctly. A workaround has been added for some POSIX violations introduced by POSIX.1-2008, and to deal with the problems
that have been introduced by POSIX.1-2008 compliant
platforms.

2008-04-14 14:05
1.5

CLIのサポートにより、クラシックのtar、cpioでは、paxは、追加されたとのgnutar。信頼性の増分バックアップと復元のufsdumpをとufsrestoreから基本的な考え方を使って実装されている。設定可能なエラー制御メカニズムは、ユーザーが選択して、特定の問題を無視することができます。スター今は、高速かつ信頼性の高いコピーのオプションを実装します。スターする(およびSolaris 10のアップデート)のSolaris 11の真の効率的なスパースファイルのサポートを実装します。スターは信頼性の高い複数の自動テープエンド/サイズを認識でボリュームのサポートを実装します。スター今"libfind"とを使用するための使用方法を見つける(1)星のコマンドラインの構文を使用できます。
タグ: Release, Major feature enhancements
CLI support was added for classical tar, cpio,
pax, and gnutar. Reliable incremental backup and
restore have been implemented using the basic
ideas from ufsdump and ufsrestore. A configurable
error control mechanism allows the user to
selectively ignore certain problems. Star now
implements a fast and reliable -copy option. Star
now implements true and efficient sparse file
support for Solaris 11 (and Solaris 10 updates).
Star now implements reliable multi-volume support
with automated tape end/size recognition. Star now
uses "libfind" and thus allows the use of find(1)
syntax in star command lines.

2008-03-20 12:40
1.5a89

星のバージョンでは、コンパイルオプションを出力します。スターは、将来のPOSIX.1のために準備されている- 2001拡張tarヘッダーのキーワードは、"SCHILY.acl.type"。増分ダンプモードですぐに比較するかどうか情報をもっと見る-"f_mtime"= Newer.tv_sec。
タグ: Development, Minor feature enhancements
star -version now prints the compile options. Star has been prepared for a future POSIX.1-2001 extended tar header keyword, "SCHILY.acl.type". Incremental dump mode now compares whether info->f_mtime >= Newer.tv_sec.

2008-03-04 16:34
1.5a88

"スター- f / dev / stdoutへ"の場合、キャッチされ星はまだアーカイブは、アーカイブにファイルを追加するを避けるために許可されます。 = symperm機能を使用するシンボリックリンクと権限の比較を除外することができます新しいdiffopts。
タグ: Development, Minor feature enhancements
The case of "star -f /dev/stdout" is caught and
star is still allowed to avoid adding the archive
file to the archive. The new diffopts=symperm
feature allows you to exclude comparing
permissions with symlinks.

プロジェクトリソース