ダウンロードリスト

プロジェクト概要

ssterm は、コンソール ベースの単純なシリアル ポート ターミナルです。無痛シリアル ポート構成を特長と標準 Python 2 インストールの外部依存関係を持たないし、単一のファイルに含まれている分割の 16 進数/ASCII 表現、純粋な 16 進数の表現、色分けバイトおよび文字生入力/出力制御文字、転送、および送信と受信の改行の再マッピングとプレーンの ASCII 表現などの便利な入力/出力機能を各種提供しています。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2012-04-04 21:21
1.5

エスケープ文字はエスケープ コードは他の多くの特別なキーとして機能しないし、終了 ssterm それらを引き起こす [でした。 ctrl-よう ctrl-[よりユニークな Ctrl-], から変更されています。分割 16 進数/ASCII 形式モード"hexdump C"正規分割の出力に適合するように変更されています。
タグ: bugfix
The Escape character has been changed from Ctrl-[ to the more unique Ctrl-], which does not serve as the escape code for many other special keys and cause ssterm to quit on them like Ctrl-[ did. Split hexadecimal/ASCII representation mode formatting has been modified to conform to “hexdump -C” canonical split output.

2012-03-29 02:10
1.4

分割 16 進数/ASCII 表現モードのサポートが追加されました。制御端末は今より明確にリセット プログラムの終了時です。マイナーな非ブロックのバグが修正されて読みます。
タグ: minor bugfix, feature improvements
Support has been added for split hexadecimal/ASCII representation mode. The controlling terminal is now more cleanly reset on program exit. A minor non-blocking read bug has been fixed.

2012-03-20 06:41
1.3

サポートされた文字符号化の色を追加/バイト。ssterm は将来の拡張性とメンテナンスを容易に Python 2 で書き直されました。ライセンスから GPLv2 GPLv3 にアップグレードされました。
タグ: license change, feature improvements, major reliability improvements
Support was added for color coding characters / bytes. ssterm was rewritten in Python 2 for ease of future extensibility and maintenance. The license was upgraded from the GPLv2 to the GPLv3.

2011-02-05 22:12
1.2

ミューテックスは、スレッド間で共有変数の安全な処理のために追加されました。
タグ: minor feature improvements
Mutexes were added for safer handling of shared variables across threads.

2009-11-23 13:39
1.1

シリアルポート以外で開かれていませんでしたブロッキングモードsstermいくつかの状況で働くことを防ぐ。この問題は修正されている。
タグ: Major bugfixes
The serial port was not being opened in non-blocking mode, preventing ssterm from working in some situations. This has been fixed.

プロジェクトリソース