ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

SRecord は EPROM 負荷ファイルを操作するための強力なツールのコレクションです。ファイル形式、モトローラ S レコードを含むインテル hex、テクトロニクス 16 進数、バイナリ入力と出力の数を理解しています。SRecord フィルターには、充填、トリミング、分割、結合、および詳細が含まれます。すべてのフィルターは、すべてのファイル形式に適用可能性があります。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2010-01-29 23:57
1.54

共有ライブラリが利用可能になりました。
A shared library is now available.

2009-07-10 15:13
1.50

ユーザーはCRC16の多項式とビット順序を指定することができます。は、MD5、RIPEMD - 160が、SHA1を、SHA224、sha256は、SHA384の代わりは、SHA 512、とワールプールメッセージダイジェストをすぐにサポートされます。そこに新しいビット逆フィルタです。
The user can now specify CRC16 polynomial and bit order. The MD5, RipeMD-160, SHA1, SHA224, SHA256, SHA384, SHA 512, and Whirlpool message digests are now supported. There is a new bit-reverse filter.

2009-02-19 19:38
1.47

アルテラのMIFファイルをすぐに読み取りや書き込みをサポートしています。
タグ: Minor feature enhancements
Altera MIF files are now supported for reading and writing.

2009-01-13 20:11
1.46

新しいオプションは、 -のxeの長さのフィルタを追加しました。彼らは今と幅を受け入れることができる、これはバイトの長さに分かれていますので、あなたの言葉(2)またはlong型(4)の単位での長さを挿入することができます。最小と最大のオプションを変更されている最小アドレスと最大アドレスは、コマンドラインの文法構文の問題を避けるために。
タグ: Minor feature enhancements
A new option was added for the --x-e-length filters. They can now accept a width and this is divided into the byte length, so you can insert the length in units of words (2) or longs (4). The -minimum and -maximum options have been renamed -minimum-address and -maximum-address, to avoid a command line grammar syntax problem.

2008-07-06 15:39
1.43

srec -猫のデータのみのオプションを4つの別々のコントロールに分割されています。それは今とを無効にする機能を個別に、ヘッダーなどの""などを有効にするには、"データが可能です。カウント"、"実行を開始アドレス"、および"フッター"。 srec_catスタートアドレスオプション改称され、実行を開始混乱をオフセットフィルタにより、アドレスです。し、バイナリファイルからの変換の例としては、srec_examples(1)のマニュアルページに追加されている。バグのMOS技術の形式なので、今もがないときに実行を開始するアドレスです。エンドレコードを発する固定されているが渡される
タグ: Minor feature enhancements
The srec-cat -data-only option has been broken
down into four separate controls. It is now
possible to -enable and -disable individual
features, such as "header", "data-count",
"execution-start-address", and "footer". The
srec_cat -start-address option was renamed
-execution-start-address due to confusion with
-offset filter. Examples of converting to and from
binary files have been added to the
srec_examples(1) man page. A bug has been fixed in
the MOS Tech format, so it now emits an end record
even when there is no execution start address
passed in.

プロジェクトリソース