ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

SPT リレーショナル データベース Web ツール (RWT) は開発者を助けることができる単純なアプリケーションまたは JDBC を通じて直接アプリケーション サーバーでデータ ソースとして構成されているデータベースに接続します。RWT アプリケーションは人気のある Aqua Data Studio アプリケーションの基本的な機能をレプリケートしようとします。ユーザーごとの設定 (接続パラメーターには、保存されたクエリの保存)、単一およびバッチ クエリ処理、履歴ブラウザー、複数のクエリ ブラウザー、データベース メタデータのツリー ビューなどの機能がサポートされています。完全なソース コードは利用できます。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2007-11-22 06:18
1.3

テーブル内の行数/表示するときにテーブルを表示する/ビューの詳細が表示されます。行の番号をクリックすると、今では、テーブル内のすべての行を/ビューの中を歩くために使用することができるデータビューアのコンポーネントが表示されます。文字は、クエリの執行の結果に表示された番号にユーザーがコントローラの制限を実装しました。以前は、このハードされたアプリケーションでコーディングされた。
The total number of rows in the table/view is now displayed when viewing table/view details. Clicking on the number of rows now displays a data viewer component that can be used to walk through all the rows in the table/view. A user controller limitation on number of characters displayed in the results of the query executor was implemented. Previously this was hard-coded in the application.

2007-11-10 07:57
1.2

Oracleデータディクショナリすぐにではなく、Oracleのデータベースのスキーマ情報が使用されます。 Excelへのエクスポートは、バッチのクエリプロセッサは、結果セットの改ページでは、バッチ問い合わせ実行に実装されて実装されました。
The Oracle data dictionary is now used instead of information schema for Oracle databases. Export to Excel was implemented in the batch query processor and pagination of result sets was implemented in the batch query executor.

2007-10-21 12:12
1.0.1

ExecutorViewクエリ焦点をコンポーネントとしてTextAreaを設定するように変更されました。
タグ: Minor feature enhancements
ExecutorView was modified to set query TextArea as
a focused component.

2007-10-15 15:59
1.0

タグ: Initial freshmeat announcement

プロジェクトリソース