ダウンロードリスト

プロジェクト概要

Speex はパテントフリーの圧縮形式で、特に音声に適しています。2-45 kbpsの範囲の低ビットレートでの音声通信に特化しています。想定している用途には、VoIP、インターネット越しの音声ストリーミング、オーディオブック、音声データの記録保存(例えばボイスメール)が含まれます。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2008-07-24 20:29
1.2rc1

このリリースでは、複数のマイクと、複数のスピーカーと音響エコーキャンセルをサポートします。また、マルチチャネルのパフォーマンスを改善するスピーカ信号decorrelatingするためのAPIを追加します。いくつかのバグは、エコーキャンセラでは、ジッタバッファ、およびプリプロセッサが修正されました。この時点では、API 1.2のためにのみ非常にマイナーないくつかの安定している必要が追加される予定です。
タグ: Major feature enhancements, Unstable
This release adds support for acoustic echo cancellation with multiple microphones and multiple loudspeakers. It also adds an API for decorrelating loudspeaker signals to improve multi-channel performance. A few bugs were fixed in the echo canceller, jitter buffer, and preprocessor. At this point, the API for 1.2 should be stable and only a few very minor additions are planned.

2008-02-04 23:01
1.2beta3

このリリースでは、最も明白な変更は、すべての非コーデックコンポーネント(プリプロセッサ、およびジッタバッファエコーキャンセル)は、新しいlibspeexdspライブラリに移動されています。その他の変更は、新しいジッタバッファのアルゴリズムとリサンプラ改良/修正が含まれます。また、これは最初のリリースでlibspeex任意の浮動小数点サポートなしで構築できることです。これを行うには、float型の互換性のAPI( -無効にする- floatベースのAPIまたはDISABLE_FLOAT_API)とは、VBR機能を無効にする必要があります( -無効にする- VBRまたはDISABLE_VBR)を無効にする必要があります。
タグ: Minor feature enhancements, Unstable
The most obvious change in this release is that all the non-codec components (preprocessor, echo cancellation, and jitter buffer) have been moved to a new libspeexdsp library. Other changes include a new jitter buffer algorithm and resampler improvements/fixes. This is also the first release where libspeex can be built without any floating point support. To do this, the float compatibility API must be disabled (--disable-float-api or DISABLE_FLOAT_API) and the VBR feature must be disabled (--disable-vbr or DISABLE_VBR).

2007-05-24 16:15
1.2beta2

広帯域のRAMの要件を大幅になっている(デフォルトの2倍以上)。新しいリサンプラモジュールを提供する追加されている、高速サンプリングレート変換恣意的である。エコーキャンセラも改善されています。 1.2beta1では、エコーキャンセラを不安定になったバグが修正されています。エコーキャンセラは速く、堅牢される必要が収束し、不正取得に寛容、再生の同期。プリプロセッサも大幅に改善されています。だけでなく、今や完全に固定に変換されるポイントをより質の良さがあります。最後に、早期TriMediaサポート(不完全な)でマージされています。
タグ: Major feature enhancements, Unstable
The RAM requirement for wideband has gone down
drastically (by more than two times). A new
resampler module has been added, providing fast
arbitrary sampling rate conversion. The echo
canceller has also been improved. A bug in
1.2beta1 that made the echo canceller unstable has
been fixed. The echo canceller should now converge
faster, and should be robust and tolerant of
incorrect capture-playback synchronization. The
preprocessor has also been greatly improved. Not
only should the quality be better, but it is now
fully converted to fixed-point. At last, early
TriMedia support (incomplete) has been merged.

2006-09-04 19:27
1.2beta1

このリリースでは多くの重要な改善をもたらします。品質は、エンコーダとデコーダでは改善されています。このエンハンサーの改善、高性能フィルタを通過し、従来の1.1.xのリリースではマイナーな低下に対する修正が含まれています。メモリ使用量を大幅(50%以上)、特にに削減されている固定小数点と狭帯域。一般的には、CPUの要件になってしまったのBlackfinポートを大幅にスピードアップされている。禁煙コーデックの改善は、エコーキャンセラのAPIとのSpeexのジッタバッファの独立したバージョンに拡張機能が含まれます。エコーキャンセラまた、より頑強です。
タグ: Major feature enhancements, Unstable
This release brings many significant improvements. The quality has been improved at the encoder and the decoder. This includes enhancer improvements, high-pass filters, and fixes for minor regressions in previous 1.1.x releases. Memory use has been greatly reduced (more than 50%), especially for fixed-point and narrowband. In general, CPU requirements have gone down and the Blackfin port has been sped up significantly. Non-codec improvements include an extension to the echo canceller API and a Speex-independent version of the jitter buffer. The echo canceller is also more robust.

2006-03-13 07:12
1.1.12

このリリースでの主な改善点としては、エコーキャンセラが、固定小数点演算に変換されています。実験的なVorbisのマスキングモデルに基づいて(使用に- enable - Vorbisの-サイは、configureスクリプトへの引数として)も改善されており、現在、実際に使える優れています。他のいくつかのバグも修正されている。
タグ: Major feature enhancements, Unstable
The main improvement in this release is that the
echo canceller has now been converted to
fixed-point arithmetic. The experimental
Vorbis-based masking model (use
--enable-vorbis-psy as an argument to the
configure script) has also been improved and is
now better and actually usable. Several other bugs
have also been fixed.

プロジェクトリソース