プロジェクトの説明 Webページ レビューする

GNU Source-highlightは、ソースファイルが指定されると、そのシンタックスを強調したドキュメントを生成します。多くの言語を処理できます。たとえば、入力ソース言語としては、Java、C/C++、Prolog、Perl、PHP3、Python、Flex、HTML、そして、その他ChangeLogや各種ログファイルのようなフォーマットを処理できます。また、出力フォーマットとしては、HTML、XHTML、DocBook、ANSIカラーエスケープ、LaTeX、そしてTexinfoを扱うことができます。入出力するフォーマットについては正規表現指向のシンタックスで記述することもできます。

レビュー
あなたの評価
レビューする