ダウンロードリスト

プロジェクト概要

Snortはネットワーク侵入検知および防止システムです。これは世界でも最も広く普及した技術です。ルールベース検出、異常検出、ネットワークトラフィックのヒューリスティック分析を含む様々な方法を用いて検出します。そのルール言語はオープンソースで同様に利用可能です。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2012-12-08 09:19
2.9.4.0

統合ファイル API およびファイル処理、Frag & ストリーム接続を追跡するためのアドレス空間 ID 使用向上は IPv6 の PPM 錘トリガー パケット データのロギング、PPPoE と IPv6 の復号します。
タグ: Minor
Consolidation of IPv6, file API and improvements to file processing, use of address space ID for tracking Frag & Stream connections, logging of packet data that triggers PPM for post-analysis, decoding of IPv6 with PPPoE, and more.

2012-08-11 07:35
2.9.3.1

TCP RST をチェックしないようにフラグこのリリースで修正インラインとアクティブな応答を持つパケットをリセットするリセットを送信更新ルール オプション 64 ビット プラットフォーム用の内部ストレージは snort.conf の解析からメモリといくつかの小さなメモリ リーク アドレスの重複コピーを削除するには一意性をチェックするとき、ハッシュします。2.9.3.1 およびそれ以降のパッケージ (これは以前のキーで署名されている) 新しい PGP のキーで署名されていることに注意してください。
タグ: Minor bugfixes
This release fixes a check for TCP RST flags to prevent sending resets to reset packets with inline and active responses, updates hashing for internal storage of rule options for 64bit platforms when checking uniqueness to remove duplicate copies in memory and addresses some small memory leaks from parsing snort.conf. Please note that 2.9.3.1 and later packages are signed with a new PGP key (which is signed with the previous key).

2012-07-21 07:14
2.9.3.0

Flowbit ルールのオプション、dcerpc2、および評判のプリプロセッサの更新。新しいダイナミックなプラグインアーキテクチャ API を出力します。様々 な更新と http_inspect、SMTP mempool 割り当て、および電子メールの添付ファイル処理の改善。pflog v4 サポートがパケット デコーダーに追加されました。複数の unified2 アラートを再構築されたパケットのログ記録が修正されました。複数のプラットフォーム間でのコンパイラ警告のクリーンアップ。すべてのデータベースの出力のサポートは削除されました。
タグ: new features, Minor bugfixes, Minor
Updates to the flowbit rule option, dcerpc2, and reputation preprocessors. A new dynamic output plugin architecture API. Various updates and improvements to http_inspect, SMTP mempool allocations, and email attachment processing. pflog v4 support has been added to packet decoders. Logging of multiple unified2 alerts with reassembled packets has been fixed. Compiler warning cleanup across multiple platforms. All database output support has been removed.

2012-05-17 21:20
2.9.2.3

プリプロセッサの GTP はより良い GTPv1 のデータを処理するために更新されました。DNP3 プリプロセッサは今より厳密なパケットをチェックしています。再構築バッファーのチェックが改善されました。PCRE ルール オプションの処理 libpcre 8.30 と一定のルールを見て問題を防ぐために修正されました。ターゲット ・ ベースのプロトコルが定義されていない場合 dcerpc2 は、もはや再組み立てを中止します。
タグ: Minor
The GTP preprocessor was updated to better handle GTPv1 data. The DNP3 preprocessor now has stricter packet checking. Checking in the reassembly buffer was improved. PCRE rule option processing was fixed to prevent issues seen with libpcre 8.30 and certain rules. dcerpc2 no longer aborts reassembly if the target-based protocol is undefined.

2012-03-29 06:40
2.9.2.2

HTTP 検査、Rst と他の TCP と TCP セッションのクリーンアップ処理をストリームの更新状態の追跡、アクティブな応答を断片化された IPv6 トラフィックと反応するページ構成とプリプロセッサと SMB が見つからないときにプリプロセッサの dcerpc2 で処理の改善を追跡状態を SIP セッション上のパケット。
タグ: Minor
Updates to HTTP Inspect, stream handling for TCP session cleanup with RSTs and other TCP state tracking, active responses to fragmented IPv6 traffic and to the react page configuration, and SIP preprocessor and state tracking improvements to SMB processing in the dcerpc2 preprocessor when missing packets on a session.

プロジェクトリソース