ダウンロードリスト

プロジェクト概要

Siegeは、再帰テストとベンチマーク・ユーティリティです。ユーザが定義した模擬ユーザ数により単一のURLに対する負荷をテストすることができます。又、メモリに多くのURLを読み込んで同時に負荷をかけることもできます。このプログラムは、記録されたヒット総数、転送されたバイト数、応答時間、同時並行性並びにリターン・ステータスを報告します。Siegeは、HTTP/1.0と1.1プロトコル、GETとPOSTディレクティブ、cookie、トランザクション・ログ及び基本的な認証をサポートしています。この機能は、ユーザごとに設定されます。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2013-02-14 07:42
2.74

このバージョンには、詳細モードでの出力形式を改善するためには軽微な修正が含まれています。
タグ: Stable
This version includes a minor fix to improve output format in verbose mode.

2013-02-12 11:42
2.73

それがより良いを実行して、古いシステム上でコンパイルこのリリースには多数のバグ修正と機能のポートが含まれます。それも出力、タイムスタンプ - q などのいくつかの新しい機能が含まれています/- 静かな標準出力、および条件付き終了 - g を抑制する/要求を取得するには-オプション。それは、少なくとも 1 つの HTTP 200 応答を受信した場合に包囲ではそれらの要求に 0 は終了します。それ以外の場合は、1 を終了します。多くのスクリプトに優しいプログラムにこれらの最後の 2 つの機能が追加されました。
タグ: Stable
This release includes numerous bugfixes and function ports so it will run better and compile
on older systems.

It also includes several new features such as timestamped output,
a -q/--quiet option to suppress stdout,
and conditional exits on -g/--get requests.

On those requests,
siege will now exit 0 if it receives at least one HTTP 200 response.

Otherwise,
it will exit 1.

These last two features have been added to make the program more script-friendly.

2013-02-08 10:14
2.73b8

Q このリリースで追加/- 静かなほとんどの出力を抑制します。静かなコマンドラインまたは .siegerc ファイル内に設定できます。
タグ: Beta
This release adds -q/--quiet to suppress most output. Quiet can be set at the commandline or inside a .siegerc file.

2013-02-07 11:12
2.73b7

-Get 要求を包囲終了します、トランザクションには、少なくとも 1 つの HTTP 200 の応答がない場合は 1。このリリースはまた、ポストにできます--get 要求。
タグ: Beta
On a --get request, siege will now exit 1 if the transaction doesn't contain at least one HTTP 200 response. This release also allows you to POST in a --get request.

2012-02-17 07:42
2.72

このリリースでは、13 歳のバグが修正されました。指定しない場合は、'-f ファイル ' 引数を包囲する外観 urls.txt 内部設定で $sysconfdir を今の時間。
タグ: Stable
This release corrects a thirteen year old bug. If you don't provide a '-f file' argument, siege will now look for urls.txt inside the $sysconfdir you set at configure time.

プロジェクトリソース