ダウンロードリスト

プロジェクト概要

Seed7は汎用プログラミング言語です。これはAda、C++およびJavaと比べて、より高級な言語です。Seed7では、新しいステートメントや演算子を簡単に宣言することができます。型を返したり引数に取る関数については、テンプレートやジェネリクスよりもエレガントに扱えます。オブジェクト指向も、それが有用な場面では使われていますが、他の技法の方が明白な場所ではそちらを利用しています。更にSeed7は、他のプログラミング言語からいくつかの概念を取り込んでいますが、どのプログラミング言語の直系の子孫とも言えません。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2013-02-04 07:42
2013-02-03

Seed7 インタープリターとコンパイラの man ページが追加されました。Makefile のターゲット distclean とテストをサポートするために改善されています。演算子の基数と基数が追加されている integer.s7i と bigint.s7i に。チェック演算子の基数と基数 chkint.sd7 に追加されています。Bas7.sd7、VARPTR 関数とステートメントを開く、エラーが修正されました。関数 getLineWithMacrosApplied で makedata.s7i が改善されました。通貨記号はいくつかのフォントに追加されました。Float から int へのキャストのオーバーフローのチェックは chkccomp.c に追加されました。
タグ: Minor feature and documentation enhancements
Man pages for the Seed7 interpreter and compiler have been added. The makefiles have been improved to support the targets distclean and test. The operators radix and RADIX have been added to integer.s7i and bigint.s7i. Checks for the operators radix and RADIX have been added to chkint.sd7. Errors in bas7.sd7, concerning the function VARPTR and the statement OPEN, have been fixed. The function getLineWithMacrosApplied in makedata.s7i has been improved. The currency sign character has been added to several fonts. A check for an overflow of a cast from float to int has been added to chkccomp.c.

2013-01-21 14:15
2013-01-20

インタープリターとコンパイラに新しいオプションが追加されました。その他の解析および関数を実行する progs.s7i が追加されました。ライブラリ gzip.s7c ブロックに固定のハフマン コードをデコードするために改善されました。10 以外の拠点を持つ bigInteger リテラルのサポートが追加されました。Str 関数は str 48879 (16)「ビーフ」を返すように変更されています。複数のターゲットおよびオプション-c をサポートするプログラム make7.sd7 が改善されましたフローティング ポイント部門では、コンパイラの処理が改善されました。メイクファイル mk_clang.mak clang C コンパイラをサポートするために追加されました。
タグ: Major feature and documentation enhancements
New options have been added to the interpreter and compiler. Additional parse and execute functions have been added to progs.s7i. The library gzip.s7c has been improved to decode blocks with fixed Huffman codes. Support for bigInteger literals with bases other than 10 has been added. The str functions have been changed such that str(48879, 16) returns "beef". The program make7.sd7 has been improved to support multiple targets and the option -C. The handling of floating point divisions in the compiler has been improved. The makefile mk_clang.mak has been added to support the clang C compiler.

2013-01-06 09:29
2013-01-05

Seed7 通訳 s7 に改称します。関数 drwOpen drw_win.c では、プログラムをコンソールから開始されていないとき、コンソール ウィンドウを非表示に改善されました。演算子「サイファイ」と"exp"の説明は、マニュアルに追加されています。ドキュメント コメントは、clib_file.s7i に追加されています。Pixmap_file.s7i では、関数 pixmapFontFiles を改善されています。Cmd_win.c では、関数 prepareCommandLine および cmdStartProcess に改善されています。Striutl.c では、関数 escape_command および cp_to_command が正しく Windows の下で動作するように改善されています。パラメーター名は、さまざまなファイルに追加されています。
タグ: Major feature enhancements
The Seed7 interpreter has been renamed to s7.

The function drwOpen in drw_win.c has been improved to hide the console window
when the program was not started from a console.

Descriptions of the operators "sci" and "exp" have been added to the manual.

Documentation comments have been added to clib_file.s7i.

In pixmap_file.s7i, the functions for pixmapFontFiles have been improved.

In cmd_win.c, the functions prepareCommandLine and cmdStartProcess have been improved.

In striutl.c, the functions escape_command and cp_to_command have been improved to work
correctly under Windows.

Parameter names have been added to various files.

2012-12-22 13:28
2012-12-21

Seed7 コンパイラ定数ピックス マップをサポートし、未使用の配列の配列定数の宣言を省略するために改善されています。結果変数は、各種のライブラリとサンプル プログラムでリネームされています。関数 getPixel と imagePixmap が追加または改善されました。回折格子と吸血鬼の写真 pic16.s7i と pic32.s7i に追加されました。ライブラリ progs.s7i で PRIMITIVE_WINDOW の値は、関数 getValue がオーバー ロードされています。オペレーターにドキュメント コメントが追加されている &、< & ライブラリ string.s7i。ウィンドウの閉じるボタンをチェックする関数 gkbKeyPressed drw_win.c で追加されました。
タグ: Minor feature enhancements
The Seed7 compiler has been improved to support constant pixmaps and to omit array constant
declarations for unused arrays.

Result variables have been renamed in various libraries and example programs.

The functions getPixel and imagePixmap have been added or improved.

Pictures of a grating and a vampire have been added to pic16.s7i and pic32.s7i.

The function getValue has been overloaded for PRIMITIVE_WINDOW values in the library
progs.s7i.

Documention comments have been added to the operators & and <& in the library string.s7i.

A check for the window close button has been added to the function gkbKeyPressed in drw_win.c.

2012-12-13 07:56
2012-12-12

Seed7 コンパイラ s7c に改名されました。プログラム make7.sd7 は、コマンドラインでマクロに改善されました。ライブラリ makedata.s7i と make.s7i が改善されました。関数 popen のバリアントは、shell.s7i に追加されました。違い &、< & FAQ で説明されました。プログラム tar7.sd7 は DOS パス ファイルのすべての引数を受け入れるように改善されました。ドキュメント コメントは、複数のファイルに追加されました。グラフィック ドライバーは、プログラムを終了する閉じるボタン (X) が押されたときに改善されました。'Make s7c' Seed7 コンパイラの実行可能ファイルを生成するように、メイクファイルが改善されました。
タグ: Major feature enhancements
The Seed7 compiler was renamed to s7c. The program make7.sd7 was improved to allow macros in the command line. The libraries makedata.s7i and make.s7i were improved. A variant of the function popen was added to shell.s7i. The difference between & and <& was explained in the FAQ. The program tar7.sd7 was improved to accept DOS paths for all file arguments. Documentation comments were added to several files. The graphic drivers were improved to exit a program when the close button (X) is pressed. The makefiles were improved such that 'make s7c' generates an executable of the Seed7 compiler.

プロジェクトリソース