ダウンロードリスト

プロジェクト概要

Scmbugはソフトウェア構成管理(SCM)とバグ追跡を統合します。これにより一度に全ての統合問題を解決することを目指しています。これは任意のソースコードバージョン管理システム(CVS/CVSNT、Subversion、Gitのような)と、バグ追跡システム(Bugzilla、Mantis、Request Tracker、Test Directorのような)を繋ぎます。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2011-02-09 21:41
0.26.22

このリリースでは、Bugzillaの4rc1によって発生するエンコーディングをbinmodeをに関連する予期しない終了を修正valid_product_nameが無効になっているときにタグの削除を許可し、デーモンはメール通知が有効になっていたのPerl 5.12で終了となる可能性も推奨の構文を修正します。
This release corrects an unexpected exit related to binmode encoding raised by Bugzilla 4rc1, allows tag deletions when valid_product_name is disabled, and corrects deprecated syntax that would cause the daemon to exit under Perl 5.12 when mail notifications were enabled.

2010-10-02 21:51
0.26.21

このリリースでは、Bugzillaの3.6.x.の標識のサポートを修正
This release corrects the labeling support for Bugzilla 3.6.x.

2010-09-20 10:17
0.26.20

このバージョンでは、日付の値をUnixタイムスタンプを使用して、Mantisの1.2.xのサポートを追加します。
This version adds support for Mantis 1.2.x by using Unix timestamps for date values.

2010-07-20 06:54
0.26.19

このリリースでは、SCMBUG_RELEASE_0 - 26 - 18で導入されたのBugzilla 3.4から3.6の壊れたintegration_add_tagサポートを修正するの長年のバグを修正"パッケージ'Bugzillaの内に見つかりません"のバージョン番号をチェックするときにBugzilla 3.6を使用でき、いくつかのPerlのバージョンと、コメントは複数のバグに追加されたときにエラーチェックが向上します。
This release corrects the broken integration_add_tag support for Bugzilla 3.4-3.6 introduced by SCMBUG_RELEASE_0-26-18, corrects the long-standing bug of "Package 'Bugzilla' not found in" for some Perl versions, allows using Bugzilla 3.6 when checking for version numbers, and improves error checking when comments are added to multiple bugs.

2010-06-04 07:20
0.26.18

このバージョンでは、Bugzillaの3.6のサポートを追加Bugzillaの3.4の破損状態の解像度をv0.26.17によって導入された修正、およびWindows上で、最近失敗したパッケージを修正します。
This version adds support for Bugzilla 3.6, corrects the broken status resolution for Bugzilla 3.4 introduced by v0.26.17, and corrects the recently failed packaging on Windows.

プロジェクトリソース