ダウンロードリスト

プロジェクト概要

単純な継続的な統合ツール (scit) は、自動ビルドまたは Perl のセットから成るテスト システムとほとんどの Unix ライクなオペレーティング システム利用できる共通のツールを利用したスクリプトを期待します。意図はまだ機能の完全なセットを提供しながら軽量維持することです。現在のバージョンは、コマンドラインと HTML ユーザー インターフェイス。それは非常に控えめなハードウェア; 上で実行させることは不可能にする必要があります。開発の一部と同じ単位で実行されているマスターとスレーブの両方の役割を持つノキア N900 電話で行われているテストします。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2011-10-01 17:17
0.22

新しいスレーブ ホスト今、HTML ユーザー インターフェイスですぐに追加した後表示 必要があります。以前 generate_html の再起動が必要でした。ダミーの複数の変更をコミットするデモ スクリプトで問題が修正されました。バージョン管理を使用しないプロジェクトと 1 つには依存関係のトリガーになりました。
New slave hosts should now become visible in the HTML user interface immediately after being added. Previously a restart of generate_html was required. Problems in the demo script with committing multiple dummy changes have been fixed. Dependency triggers between a project that doesn't use version control and one that does are now supported.

2011-09-07 06:08
0.21

ローカルスレーブを停止しようとするときに問題が発生するバグが修正されました。 svn_scitmasterスクリプトがちょうどないプロジェクトが設定されていない場合は起動後に終了する権利の代わりに待ちます。 lighttpdの(DASL)のための動的な認証システムが追加されました。 DASLはUbuntu 11.04でテストされていますが、他のディストリビューションでは、その他のlighttpd -天使の代わりに直接経由してlighttpdを起動するSysVのスクリプトのほとんど手動調整が必要になる場合があります。
A bug that caused problems when trying to stop local slaves has been fixed. The svn_scitmaster script now just waits instead of quitting right after starting if no project is configured. A dynamic authentication system for lighttpd (dasl) has been added. Dasl has been tested with Ubuntu 11.04; other distributions may need a little manual tweaking of the sysV script to start lighttpd via lighttpd-angel instead of directly.

2011-07-28 05:55
0.20

デバッグスイッチは、起動スクリプトに追加されている、それなしで、背景には、現在のログファイルに以前よりも多くの書き込み処理します。バージョン0.19で導入されたバックグラウンドプロセスの安定性の向上は、リモートのスレーブプロセスを含むように拡張されました。
タグ: Minor
A debug switch has been added to the start scripts; without it, the background processes now write a lot less than before to the log files. The stability improvements for the background processes introduced in version 0.19 have been expanded to include the remote slave processes.

2011-06-11 20:43
0.19

分子機構のサーバーが標準以外のポート上で動作するホスト上で受動的な奴隷のサポートが追加されています。 addnewhostスクリプトは、ポート番号を指定するオプションの四番目のパラメータを取ります。よりユーザーフレンドリーな堅牢なシステムは、バックグラウンドを制御するための実装された開始/停止スクリプトとマスターで処理します。
Support for passive slaves on hosts where the SHH server runs on non-standard ports has been added. The addnewhost script takes an optional fourth parameter specifying the port number. A more robust and user-friendly system was implemented for controlling the background processes on the master with start/stop scripts.

2011-05-19 07:33
0.18

トリガ保留中の力が今のメインのHTMLページに表示されます作成されます。クリーンビルドオプションが追加されました。新しいバージョンがチェックアウトされる前に、それが有効になっている場合、バージョン管理システムからチェックアウトしたディレクトリが削除されます。
Pending force triggered builds are now shown on the main HTML page. A clean build option has been added. When it is enabled, the directory checked out from the version control system is removed before a new version is checked out.

プロジェクトリソース