ダウンロードリスト

プロジェクト概要

SCCSは、POSIX標準のソースコード管理システムの実装のひとつです。 SunがOpenSolarisの一部として提供したオリジナルUNIXのSCCSコードを基にして 他のプラットフォームに移植できるようにしたものです。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2011-11-03 07:49
5.06

1984 年ごろ、非公開の変更で導入された prs(1) の POSIX 準拠バグが修正されました。いくつかの人工の制限プログラム val(1) と vc(1) では削除されています。ライブラリ「comobj」、「mpw」と「・ キャシー」は、Mac OS X で見つけたさまざまなリンカー バグを回避するに書き換えられます。基本的な基本的な機能の多くは、今後のサポートのチェンジ セットの準備で導入されています。
A POSIX compliance bug in prs(1) that was introduced around 1984 by an undocumented change has been fixed. Some artificial limitations in the programs val(1) and vc(1) have been removed. The libraries "comobj", "mpw" and "cassi" have been rewritten to work around various linker bugs found on Mac OS X. A lot of fundamental basic features have been introduced in preparation for the upcoming support for changesets.

2011-10-04 06:17
5.05

新しいプログラム、rcs2sccs、歴史の RCS ファイル SCC に変換します。新しい scc サブコマンド istext、アンエン コードされたテキスト ファイルとしてファイルをアーカイブする可能性があるかどうかを確認します。新しい scc サブコマンド、エディターでは自動的に、最初の編集をチェック アウトする必要があるかに関係なくファイルを編集することができます。パッチ プログラムはインポートの変更セット デルタをサポートする将来のリリースで追加されました。SCC ヘルプに今すべての scc プログラムのオンライン ヘルプが含まれています。SCC 今プリント コマンド概要 args を助けません。
A new program, rcs2sccs, converts RCS history files to SCCS. A new sccs subcommand, istext, checks whether a file may be archived as unencoded text file.
A new sccs subcommand, editor, allows you to automatically edit files regardless of whether they need to be checked out for editing first. The patch program was added in preparation for future releases that support importing changeset deltas. SCCS help now includes online help for all sccs programs. SCCS help now prints a command overview with no args.

2011-09-04 23:27
5.04

SCCSは、(SCCS v6の履歴ファイルの形式を使用して)現在のSID特定の追加のチェックサムが含まれています。新しいプログラム、sccscvt(1)は、SCCS v6の履歴ファイル、およびその逆にSCCS v4の履歴ファイルを変換するとすべてのリリースに対して追加のチェックサムを計算するために追加されました。パフォーマンスは、SCCS 5.03に比べさらに20%向上した。
SCCS (using the SCCS v6 history file format) now includes a SID specific additional checksum. A new program, sccscvt(1), was added to convert SCCS v4 history files into SCCS v6 history files and vice versa and to compute additional checksums for all releases. The performance was improved by another 20% compared to SCCS 5.03.

2011-08-23 06:12
5.03

SCCS v6の履歴形式が導入されており、別の20%の性能改善が実施された。
The SCCS v6 history format has been introduced and another 20% performance improvement was implemented.

2011-08-08 22:37
5.02

これは、次期バージョン6への第一歩です。 SCCSは、今彼らが改行で終っていない場合でも、または^ Aで始まる行がある場合に、テキストフ​​ァイル(uuencodeを使用せずに)、アーカイブファイルに許可されていますSCCSは、今だけ、必要な仮想メモリ以前のバージョンの約四分の一使用しています。さらなるパフォーマンス向上が行われたので、SCCSは、Sunからその前任者の倍高速です。 Autoconfは、クロスコンパイルをサポートしています。
This is the first step towards the upcoming version 6. SCCS is now allowed to archive files as text files (without using uuencode) even when they do not end on a newline or when there are lines that start with ^A. SCCS now only uses about a quarter of the virtual memory previous versions needed. Further performance improvements were made, so SCCS is now twice as fast as its predecessor from Sun. Autoconf now supports cross compilation.

プロジェクトリソース