ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

safecopy は、シークからが問題 (すなわち、破損したセクター) できるだけ多くのデータを抽出しようとすると、データの回復ツール フロッピー ドライブのようなソースのハード ディスク パーティション、Cd 等は、他のツールように dd は I/O エラーのため失敗します。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2012-03-11 09:02
1.7

Safecopy は今適職中に USB デバイスを一時的に消える場合に便利です、--forceopen オプションに戻るには消えるソース ・ デバイスを待つことができます。Safecopy 差分モードは、ターゲット ・ デバイスに直接書き込むときことができます、以前のセッションを継続する場所を明示することが可能になりました。Safecopy は今意味の終了コードを報告します。「0」は 100 % 成功コピーの場合、「1」不能の読み取りエラーの場合は、報告され、プロセスに重大なエラーまたは、それ以外の場合に「2」を中止します。
タグ: Minor feature enhancements
Safecopy can now wait for a disappearing source device to come back with the --forceopen option, which is useful in case USB devices temporarily vanish during renumeration. It is now possible to explicitly tell safecopy where to continue a previous session, which allows incremental mode when writing directly onto a target device. Safecopy now reports meaningful exit codes. "0" is reported in case of a 100% successful copy, "1" in case of non-recoverable read errors, and "2" in case of a serious error or an otherwise aborted process.

2009-09-10 02:56
1.6

バグbadblockについてはこのリリースで修正ファイルの処理が含まれます。
タグ: specification conformance, Bugfixes
This release fixes a bug regarding badblock include file handling.

2009-07-29 16:43
1.5

Safecopy今ではベンチマークスイートは、テストする準備ができて、制御された環境でのデータ復旧ツールを実行しています。これは障害のあるデバイスの数が少ないをシミュレートするための恒久的かつ臨時のIOエラーの現実を読み、タイミング特性を求めるシミュレーション、およびサンプルのプリセットが含まれます。 safecopyメインプログラムは/ devから読み取り/ RAWデバイスまたは要求された場合O_DIRECTをでファイルを開くことができるように拡張されている。新しいコマンドラインスイッチのデバッグ出力を生成し、統計情報を収集破損してデバイス上でのベンチマークユーティリティを使用し、シミュレーションに使用される。
タグ: major feature addition, Documentation
Safecopy now features a benchmark suite, ready to test-run data recovery tools in a controlled environment. This includes simulation of permanent and occasional IO errors, realistic read and seek timing characteristics, and sample presets for simulating a small number of faulty devices. The safecopy main program has been enhanced to be able to read from /dev/raw devices or open files with O_DIRECT if requested. New command line switches generate debug output and collect statistic information on damaged devices to be used for simulation with the benchmark utility.

2009-07-16 05:56
1.4

AMDのいくつかのコンパイルの問題- 64システムとは、テストスイートsafecopyに同梱さに書き直され、よりモジュール化されるには、携帯、固定されていると再利用可能。また、safecopyドキュメントのいくつかの固定タイプミス、プログラムの出力、およびコードです。基本機能は、このリリースで賢明な動作は、バージョン1.3と同じです。したがって、エンドユーザは、1.3から1.4にアップグレードするためのオプションです。パッケージのメンテナは1.4テストスイートには1.3のバイナリを検証するには、古いテストスイートをコンパイルまたは実行に失敗したが奨励されます。テスト自体のバイナリのバージョン間の互換性があります。
タグ: Minor bugfixes, Minor feature enhancements
Some compilation issues on AMD-64 systems have been fixed and the test suite shipped with safecopy has been rewritten to be more modular, portable, and reusable. There are also some fixed typos in safecopy documentation, program output, and code. Base functionality wise, however, this release behaves the same as version 1.3. Therefore, for end users, upgrading from 1.3 to 1.4 is optional. Package maintainers are encouraged to validate their 1.3 binary with the 1.4 test suite, should the old test suite have failed to compile or execute. The tests themselves are binary compatible between the versions.

2009-05-21 00:42
1.3

Safecopy内部的に信頼性や行動の予見可能性を向上させるために再設計されている。今では、テキストの動作の仕様と、セルフテストスイートは、仮想ファイルのIOエラーをシミュレートするglibcのラッパーライブラリを完全に付属しています。ブロックサイズを自動検出するにも低レベルのデバイスへのアクセスとの組み合わせで動作します。ブロックサイズは、ファイルサイズの割合またはハードウェアのブロックサイズの倍数として、これらのオプションをはるかに使いやすく指定することができます。新しいオプションのプリセットを複数のショートカットの最低限のコマンドラインの努力を入力するとステージデータを救出しています。
タグ: Documentation Updates, Bugfixes, Major feature enhancements
Safecopy has been internally redesigned to improve reliability and predictability of behavior. It now comes with a textual behavior specification and a self test suite, complete with a glibc wrapper library to simulate IO errors on virtual files. Blocksize autodetection now also works in combination with low level device access. Blocksizes can now be specified as a percentage of the file size or as multiples of the hardware blocksize, making these options much easier to use. New option presets provide shortcuts for multi-stage data rescue with minimum commandline typing effort.

プロジェクトリソース