ダウンロードリスト

プロジェクト概要

runit はサービスの監督; とクロス プラットフォーム Unix init スキームです。sysvinit と他の init のスキームのための交換。GNU/Linux 上で実行される * BSD、Mac OS X と Solaris、および他の Unix オペレーティング システムに簡単に適応することができます。runit は、単純な 3 段階の概念を実装します。ステージ 1 は、システムの 1 回だけ初期化タスクを実行します。第 2 段階 (runsvdir プログラム) を介してシステムの稼働時間のサービスを開始します。段階 3 はシャット ダウン、停止または再起動に必要なタスクを処理します。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2009-10-08 00:52
2.1.1

は、'一度'コマンドを使って取り上げているが正しくrunsv TERMと続き信号は、サービスデーモンを送信するように指示サービス、'SVの下'てください。さらに、ビルドプロセスでselftests固定されている。
For services that are taken up through the 'once' command, 'sv down' now properly instructs runsv to send the service daemon the TERM and CONT signals. Additionally, the selftests in the build process have been fixed.

2009-09-30 22:25
2.1.0

chpstプログラムは、新しいオプション- b、および0番目の引数として別の名前でプログラムを実行するいくつかの報告されたバグを修正されていることを学んだ。
The chpst program learned a new option -b to run a program with a different name as the 0th argument, and some reported bugs have been fixed.

2008-06-25 20:36
2.0.0

ドキュメント若干の最新のテストパッケージ以降に更新されています。ようこそrunitに関するソースコードへの変更はありません。このrunitに関する2番目の安定版リリースです。
タグ: Minor feature enhancements, Stable
The documentation has been updated slightly since
the latest test package. There were no changes to
the runit source code. This is the second stable
release of runit.

2008-05-15 22:17
1.9.0

/サービス/、もはやサービスのデフォルトのディレクトリはすぐには/ var /サービス/。するときにはFilesystem Hierarchy Standard(FHS)は、どちらも/サービス/や/ヴァール/サービス/選択する必要が遵守すべきシステム上でrunitに関するインストールの/ etc /サービス/。これは、互換性のシンボリックリンクを作成することが推奨されます/サービスは、この場合は/ etc /サービスのために指摘した。このバージョンでは、さらに修正が適切にサービスディレクトリを処理するためrunsvプログラム。/ログには、別のデバイス上のディレクトリへのシンボリックリンクを、少しされて更新SVのプログラムとドキュメントです。
タグ: Minor feature enhancements, Development
The default directory for services is now
/service/, and no longer /var/service/. When
installing runit on a system that should comply
with the Filesystem Hierarchy Standard (FHS),
neither /service/ nor /var/service/ should be
chosen, but /etc/service/. It is recommended to
create a compatibility symlink /service pointing
to /etc/service in this case. This version
additionally fixes the runsv program to properly
handle service directories with ./log being a
symlink to a directory on a different device, and
slightly updates the sv program and the
documentation.

2007-09-24 19:32
1.8.0

runitに関するプログラムは、プロセス番号1、デッドプロセスを再(ゾンビ)より徹底的に番号1を処理する親を得るに固定されています。どのようにrunitに関する初期化方式として、新興企業で使用するための手順、svlogd、各ログメッセージはUDPを介して送信された新しいソースポートを使用するには、変更されている、このリリースでは、AIX用の修正プログラムビルドが含まれて追加されている。
タグ: Minor feature enhancements, Development
The runit program, process number 1, has been fixed to reap dead processes that re-parented to process number 1 (zombies) more thoroughly. Instructions on how to use runit with upstart as an init scheme have been added, svlogd has been changed to use a new source port for each log message sent through UDP, and this release includes a build fix for AIX.

プロジェクトリソース