ダウンロードリスト

プロジェクト概要

rsstoolは、RSS(とAtom)フィードの読み込み、解析、マージ、書き込みのためのツールです。 それが組み込まれているいくつかの他の機能をファイルの、のようなテキスト、HTML、またはプロパティの出力やRSSタグを挿入するためのカスタムテンプレートのHTMLを静的のみのフィードをサポートするサーバーアップロードするにされるページがあります。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2010-04-25 03:47
1.0.1rc2

小さなバグは、その最終的なビデオの期間は、実際に解析され、修正されました。
A small bug was fixed, so durations of eventual videos are actually parsed now.

2010-03-12 23:30
1.0.1rc1

このリリースでは、データベース構造、rsstool_media_durationに新しいフィールドを追加します(存在する場合rsstoolは、フィード内のメディアのいくつかの種類の期間を見つけると、rsstool_media_durationに、秒単位で)、それらを解析します-海図= ENCODINGは、これはエンコーディングの指定を上書きRSSフィードのヘッダ(一部壊れたのRSSフィード)のために有用-フィルタ=ロジック、時にはとして暗黙のブールロジックと呼ばれる(これを使用してRSSフィードからの出力の前に項目を削除する)、 - nosort、(上の日付項目をソートしないようにデフォルト) -パース=ファイル| URLによって、いくつかのコードの整理と修正、Atom 1.0サポートをフィードのランダムなHTML文書からのRSSフィードを生成する(彼らは、それまでに働いた今はこれの使用では、あまりにも言う)、 (アクセスXMLのXPath構文を使用してファイルをWebサイト上でダウンロードおよびxmlget)。これは(contribにスクリプトに置き換え/)と-他の古いデータベースの構造(およびサポート)sqlold - joomlaのと-トンボのオプションは非推奨。場合のlibcurlは入手可能ですこれは、 -オプションのカールを除去する(それは、常にデフォルトは現在、)とは- wgetのオプションがあります(場合は、スクリプトの代わりにからの支援や使用wgetのカールに依存する)場合があります。
This release adds a new field to the database structure,
rsstool_media_duration (if rsstool finds durations for some kind of
media in the feed, it will parse them into rsstool_media_duration, in
seconds), --enc=ENCODING, which overrides the encoding specified in the
RSS header (useful for some broken RSS feeds), --filter=LOGIC, sometimes
referred to as implied Boolean LOGIC (use this to remove items from the
RSS feed before output), --nosort, to not sort items by date (on by
default), --parse=FILE|URL to generate an RSS feed from a random HTML
document, some code cleanups and fixes, support for Atom 1.0 feeds (they
worked before, but now it says so in the usage, too), and xmlget as a
download on the Web site (accesses XML files using the XPath syntax). It
deprecates the --joomla and --dragonfly options (replaced with scripts
in contrib/) and --sqlold (and support for the other old database
structures). It removes the --curl option (it is always the default now,
if libcurl is available) and the --wget option (you may want to rely on
the curl support or use wget from a script instead).

2008-02-04 04:21
1.0.0

このリリースで追加されます- PHPはPHPコード(配列として出力を生成する())。
タグ: Minor bugfixes
This release adds --php to produce output as PHP code (Array ()).

2007-09-24 14:29
1.0.0rc4

小さなミスや間違った時刻の形式が修正されました。 -ダウンロードするためのlibcurlを使用して追加されたオプションのカール。 - joomlaのオプションjoomlaのにインポートするためのANSI SQLスクリプトとして出力に追加されました! CMSの。 -トンボオプショントンボのCMSにインポートするためのANSI SQLスクリプトとして出力に追加されました。いくつかのマイナーバグが修正されたいくつかのコードの整理が行われた。
タグ: Major feature enhancements
A small typographical error and a wrong time
format were fixed. The --curl option was added for
using libcurl for downloading. The --joomla option
was added to output as an ANSI SQL script for
importing into Joomla! CMS. The --dragonfly option
was added to output as an ANSI SQL script for
importing into Dragonfly CMS. Some minor bugs were
fixed and some code cleanups were made.

2007-08-31 05:26
1.0.0rc3

Gentoo ebuildをサポートするためのパッチが適用された。
タグ: Minor feature enhancements
A patch for gentoo ebuild support was applied.

プロジェクトリソース