ダウンロードリスト

プロジェクト概要

rp pppoe は Linux 用の PPPoE クライアントとサーバーのスイートです。それは完全に RFC に準拠しておよびクッキー、リレー Id、および複数の同時 PPPoE ディスカバリ フェーズをサポートしています。それきれいに符号化され、かなり効率的と Linux 2.4 と 2.6 カーネル モード PPPoE をサポートしています。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2008-06-30 23:30
3.10

様々なプラットフォーム上でコンパイルする問題が修正されました。 Makefileを今に従うインストールされたファイルを再配置するDESTDIRを。ので、もはや必要があるパスを指定するか、カーネルモードのPPPoEのプラグインをコンパイルする場合、その下にインストールされてpppd.h簡単には、/ usr / includeです。
タグ: Minor bugfixes
Compilation problems on various platforms were
fixed. The Makefiles now obey DESTDIR to relocate
installed files. The kernel-mode PPPoE plugin is
easier to compile, since you do no longer need to
specify the path to pppd.h if it's installed under
/usr/include.

2008-06-22 22:32
3.9

新しいpppoe - serverはオプションを使用するMACアドレスごとのセッション数を制限することができます。様々な小さなバグが修正されました。
タグ: Minor bugfixes
A new pppoe-server option lets you limit the
number of sessions per MAC address. Various minor
bugs were fixed.

2006-04-02 17:20
3.8

このコードは、pppoeのサイズの実行を縮小するリファクタリングされた。能力をデバッグ用のコードを省略することも追加されました。 MD5のコードにバグが原因pppoe - serverは64セグメンテーションビットアーキテクチャで修正されました。
タグ: Minor bugfixes
The code was refactored to shrink the size of the
pppoe-executable. The ability to omit debugging
code was also added. A bug in the MD5 code that
caused pppoe-server to segfault on 64-bit
architectures was fixed.

2005-11-17 06:23
3.7

新しい- Oオプションはpppoeに追加されたサーバーは別のオプションを指定するためのファイルは、デフォルトの/ etc / PPPの/ pppoe - serverは、オプション(の代わりに)はpppd。ファイアウォール内でミススタンドアロンのサンプルは、ファイアウォールのスクリプトと1つのpppoeので修正されて接続します。 configure.inのいくつかの不正なコードを修正しました。pppoe - serverはこれを付加"のnic -"は、インターフェイス名の場合は、カーネルモードのプラグインを使用すると、任意のイーサネットインターフェイスを使用することが出来る(だけのもの"ethを"で始まる)。
タグ: Minor bugfixes
A new -O option was added to pppoe-server to
specify a different options file for pppd (instead
of the default /etc/ppp/pppoe-server-options). A
typo in the firewall-standalone sample firewall
script and one in pppoe-connect were fixed. Some
incorrect coding in configure.in was fixed.
pppoe-server now prepends "nic-" to the interface
name if used with the kernel-mode plugin, allowing
the use of any Ethernet interface (not just ones
starting with "eth").

2005-08-10 08:19
3.6

カーネルモードのプラグインを再び動作する、それは、pppdプログラムの変更によって破られた。長期pppoeののバグを立って、サーバープログラム(これは、間違った順序で引数を持つ)に固定されているpppdが呼ばれるすべてのADSL - *の各スクリプトはpppoeに改名されている- *の一貫性をより正確にその機能を説明する。場合"のnic"とのインターフェイス名の接頭辞、カーネルモードのプラグインを任意のインターフェイスを使用することができます。それはもはやインターフェイスに制限された"ethを"とは、スタートだ。 1回のセッションを開始したユーザランドpppoeのプログラムとしては"nobody"ではなく"root"で実行されます。
タグ: Minor bugfixes
The kernel-mode plugin works again; it was broken
by changes to the pppd program. A long-standing
bug in the pppoe-server program (which called pppd
with arguments in the wrong order) has been fixed.
All the adsl-* scripts have been renamed to
pppoe-* for consistency and to more accurately
describe their function. The kernel-mode plugin
can use any interface if you prefix the interface
name with "nic-"; it's no longer restricted to
interfaces that start with "eth". The userland
pppoe program runs as "nobody" rather than "root"
once the session has started.

プロジェクトリソース