ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

記憶エージェント (RA) あなたの上の時計あなたの肩と入力されているものに関連するドキュメントのリストまたは Emacs バッファー内の読み取りを継続的に更新します。提案は、フレームの下部ウィンドウに表示され、数秒ごとを継続的に更新されます。RA は、ファイル、メール ・ アーカイブ、HTML、ラテックス、テキスト形式などのさまざまな種類のインデックスすることができますサヴァンと呼ばれる複数のフィールドの情報検索バック エンドを使用します。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2005-09-17 21:35
2.12

いくつかの変更はまた、Mac OS Xのトラブルを探しており、どちらにしろ、必要に応じていないようサヴァンのMac OS X上で削除されたdateyacc.cでmalloc.hをの包含をコンパイルしますが行われた。を/ sw /年を含めるを追加し、configure.inに/ sw / libと、メインに追加された/ Makefile.amこれは、Mac OS Xは、PCREのライブラリには、Finkを使ってインストールされている情報を見つけることができます。 ""スクリプトmissing以降のバージョンに更新されました。
タグ: Minor feature enhancements
A few changes were made so that Savant will
compile on Mac OS X. The inclusion of malloc.h in
dateyacc.c was removed, since Mac OS X has trouble
finding it and it doesn't seem necessary anyway.
/sw/include was added to configure.in and /sw/lib
was added to main/Makefile.am so that Mac OS X can
find the PCRE libraries when they are installed
using Fink. The "missing" script was updated to a
later version.

2001-05-07 14:32
2.10

このリリースでははるかに高速大規模な文書に添付ファイルを(例えば、電子メール)とされるfind_next_docのインデックス作成アルゴリズムの変更がCの完敗のための修正プログラムのは、2.09で導入されたのXOで、と修正をいくつかのマイナーなインデックスの問題が含まれます。 2.09の時点で、rememは、GPLの条件の下で利用可能です。
タグ: Minor bugfixes
This release changes the indexing algorithm in
find_next_doc to be much faster on large documents
(eg. e-mail with attachments), includes a fix for
clobbering of C-xo that was introduced in 2.09,
and fixes a few minor indexing problems. As of
2.09, remem is available under the terms of the GPL.

2001-01-30 15:13
2.08

バグ修正:マルチフレームをサポートしてすぐに動作します(ので、VMを含む)、固定は、いくつかのケースでEmacsのくさびが断続的にバグを満足している。新機能:ご意見出力ページへのダウンのみ(ヒット領域を読み取られ1-5に、ドキュメントを評価するにはヒット)。関連度順に番号を、カスタマイズ可能なプレフィックスキーの代わりにこのVMで満足しているテキストベースの検索の改良、印刷、ハッシュマーク(再度ので)、オプションは自動的に応じてデータベースを変更するのmajor - modeまたはバッファの名前です。
Bug fixes: Multi-frame support now works (so it's happy with VM), fixed intermittent bug that would wedge Emacs in some cases. New features: Suggestion output is read only (hit space to page down, hit 1-5 to rate the document). Text-retrieval improvements, print hash-marks instead of relevance numbers, customizable prefix keys (again, so it's happy with VM), option to automatically change database depending on major-mode or buffer name.

2001-01-30 15:13
2.07

rmailは、VMは、やGNUSサマリーバッファ、GNUSをし、VMの適切な処理は、もはやバッファのウィンドウで、GNUSをフィールドに、より良い署名のサポートラインのフィルタリング、"インデックス"オプションのシンボリックリンクをたどる繰り返したたく、インデックスファイルの自動再読み込みすれば'再再度インデックス、今ではヘルプ画面/コマンドのリストを与える"ccさロジウム"。
Proper handling of RMAIL, VM, and GNUS summary buffers, GNUS and VM no longer clobber the buffer window, support for GNUS fields, better signature-line filtering, a "follow symbolic links" option on indexing, automatic reload of index files if they're re-indexed, and "C-c r h" now gives a help screen/list of commands.

2001-01-30 15:13
2.06

設定ミス、バックアップの標準キーバインドを変更、データベース機能で、フルページのマニュアルクエリモードでは、より健全性をチェックエンドの最適化、XEmacsのバグを修正。
Standardized keybindings, change database function, full-page manual query mode, better sanity checks for misconfiguration, back-end optimizations, XEmacs bug fixes.

プロジェクトリソース