ダウンロードリスト

プロジェクト概要

remakeはパッチを当てられ、エラー報告、わかりやすいトレース実行機能の方法、デバッガを追加、改善したGNU makeユーティリティの近代的なバージョンです。デバッガは、ターゲットへのブレークポイント設定、展開/未展開の変数の表示と設定、ターゲット記述の調査、ターゲットの呼び出しスタックの参照、および任意のGNU makeフラグメントの実行でさえ可能にします。(例、既存のターゲットへの依存性追加)。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2012-10-04 10:01
3.82+dbg0.9

いくつかの小さなバグを修正しました。した --target オプションですメイクファイルターゲット表示中でより積極的な。
Some small bugs were fixed. The --target option is more aggressive in showing Makefile targets.

2011-10-18 13:05
3.82+dbg-0.8

メイクファイルは、今後のリサ 2011年ペーパーで説明されているメタ コメントとして今説明行ことができます。ジョブを実行している複数のするときプロセス Id-トレースの区切り線で表示されます。インデントのバグでは、トレース出力を修正しました。
Makefiles can now have an optional description line as a meta comment which is described in the upcoming LISA 2011 paper. Process IDs are now shown on the --trace separator line when there are multiple make jobs are running. An indentation bug in --trace output was fixed.

2011-06-12 22:20
3.82+dbg-0.7

- タスクのオプションがと同様に、追加されたことを"おもしろい"ターゲットのリストを与えるすくい、インチ"枠"コマンドで負の数値は、現在、もう一方の端から数えます。このバージョンでは、GNU Readlineの様々な古いバージョンでより多くのOS上でより良い構築する必要がありますインストールされています。
A --tasks option was added, similar to that in rake, which gives a list of "interesting" targets. Negative numbers on the "frame" command counts from the other end now. This version should build better on more OSes with various older versions of GNU Readline installed.

2011-04-11 13:40
3.82+dbg-0.6

ブレークポイントと行番号のリストが追加されました。ヘルプシステムは、より多くの情報を追加するに書き直されました。バグの数が修​​正されたドキュメントが複数の出力例を含むように更新されています。
Breakpoints and listing by line number were added. The help system was reworked to add much more information. A number of bugs were fixed and documentation was updated to include more example output.

2011-04-02 05:50
3.82+dbg-0.5

目標と他のターゲットのデバッグより優れています。オプションは - ノーreadlineの現在のデバッガは、GNU Readlineを無効にします。いくつかのバグが修正されたドキュメントは、改訂しました。
Debugging of goal and other targets is more complete. The option --no-readline now disables GNU Readline in the debugger. Some bugs were fixed and the documentation revised.

プロジェクトリソース