ダウンロードリスト

プロジェクト概要

Ragelは正規言語の有限状態マシンを C、C++、Objective-C、D、Java、あるいは Rubyコードへコンパイルします。プログラマは正規言語の任意の場所にアクションを埋め込め、得られるマシンの非決定性を制御できます。これは、連接、和、クリーネ閉包、差、積、ε遷移、その他様々な一般的な演算子を扱えます。スキャナの生成と状態図を用いた状態マシンの構築もサポートしています。大変高速なリコグナイザと堅牢でもあるパーサの生成にも使えます。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2009-12-03 12:49
6.6

バグのパスを含めるに関連するエラー条件の処理、および印刷lineディレクティブは修正されました。
Bugs related to include paths, handling error conditions, and printing line directives were fixed.

2009-05-19 05:42
6.5

graphvizの世代のバグが修正されました。バグ、64ビットシステムと機械の16進数で定義されに関連する修正されました。はautomakeに移動されたシステムを構築する。
A bug in graphviz generation was fixed. A bug related to 64-bit systems and machines defined with hex numbers was fixed. The build system was moved to automake.

2009-03-23 05:51
6.4

バックエンドのプログラムが削除されたとは、フロントエンドに編入。新規に追加されたコマンドを記述します。バグが修正されました。
The backend programs were removed and merged into the frontend. New write commands were added. Bugs were fixed.

2008-08-30 02:47
6.3

予防を含む重複して固定され、改善された。虚偽の主張の条件でスキャナの作成時に拍車をかけ、固定された。 gotoの失敗したルックアップでクラッシュ/呼び出しのターゲットを修正しました。
タグ: Minor bugfixes
Duplicate include prevention was fixed and improved. A false assertion spurred during the creation of scanners with conditions was fixed. A crash on the failed lookup of a goto/call target was fixed.

2008-05-09 22:59
6.2

報告されたバグの数が固定された。 Includeおよび検索ファイルのインポートを改善しました。は、- I pathオプションが含まれて追加されました。
A number of reported bugs were fixed. Include and import file searching was improved. The -I include path option was added.

プロジェクトリソース