ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

Qore YAML モジュール Qore データをシリアル化したり、YAML 文字列や Qore データ構造から逆シリアル化 Qore プログラミング言語を有効にする機能を提供します。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2010-07-03 19:27
0.2

このリリースではタグなしデシリアライズ、整数および浮動小数点0 0.0の値を引用符で問題を修正する、彼らが誤って文字列としてシリアル化された。追加情報は、スカラー値(シリアル中に例外が発生します提供されて、通常これは、文字列のエンコードエラーが発生しました)に発生します。
タグ: Minor bugfixes
This release fixes a problem with deserializing untagged and unquoted integer and floating point 0 and 0.0 values; they were incorrectly deserialized as strings. Additional information is provided when an exception is raised while serializing scalar values (normally this happens when a string has an encoding error).

2010-06-30 16:50
0.0.1

この最初のリリースでは、シリアル化およびQoreのデータ構造とYAML文字列の間逆シリアル化を提供します。オブジェクトを除くすべてのQoreのデータ型は()をYAML文字列として任意のデータを失うことなく、/時刻の値マイクロ、日付のタイムゾーンのコンポーネントを含むシリアル化することができます。 Qoreの期間は、カスタムのYAMLタイプ(タグ:処理されます!期間を)。 YAMLの文字列の出力書式がmakeYAML()関数にオプションで制御することができます。それはタイプの情報と日付/時刻のAPIを使用して、モジュールは、Qoreの新しいバージョンでのみ発見Qore 0.8.0が必要です。
タグ: YAML, Module, qore
This initial release provides serialization and deserialization between Qore data structures and YAML strings. All Qore data types (except objects) can be serialized as YAML strings without any data loss, including the microsecond and time zone components of date/time values. Qore durations are handled with a custom YAML type (tag: !duration). YAML string output formatting can be controlled with options to the makeYAML() function. The module requires Qore 0.8.0 as it uses type info and date/time APIs found only in newer versions of Qore.

プロジェクトリソース