ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

QEMUは高速プロセッサエミュレータです。動的な翻訳を使用して合理的なスピードで新しいホストCPUへの移植を簡単にします。ユーザーモードエミュレーションモードでは、一つのCPUのために他のCPUでコンパイルされたLinuxプロセスが起動できます。 Linuxシステムコールは、エンディアンと32/64ビットのミスマッチのために変換されます。完全システムエミュレーションモードでは、プロセッサと様々な周辺機器を含む全システムをエミュレートします。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2009-10-18 22:05
0.10.6

バグが修正されました。
タグ: minor bug fix release
Bugs were fixed.

2009-03-17 02:00
0.10.0

Bluetoothをサポートするエミュレーションとホストのパススルー、カーネル仮想マシンのアクセラレーションのTCGは、BSDユーザ空間のエミュレーションのため、追加され、多くの。ライブマイグレーションと新しい保存/追加されたフォーマットを復元します。多くの新しいデバイスが追加されました。複数のVNCクライアントは現在、サポートされて、TLS暗号化するのVNCでサポートされています。より多くの機能が追加され、多くのバグが修正されました。
Support was added for Bluetooth emulation and host passthrough, Kernel Virtual Machine acceleration, TCG, BSD userspace emulation, and much more. Live migration and new save/restore formats were added. Many new devices were added. Multiple VNC clients are now supported, and TLS encryption is now supported in VNC. Many more features were added, and many bugs were fixed.

2008-05-15 22:52
0.9.1

いくつかの機能など、TFTPサーバホストのディレクトリから起動するSolaris用のデバイスエミュレーションをタップし、いくつかのI / Oチャネルは、CPUモデルの選択をサポートし、MIPS64はMIPSの64ビットFPUのサポートのXscaleのPDAとColdFireシステムのエミュレーションには、多重化モニタとして追加されました。読み取り専用のParallelsのディスクイメージのみをサポートし、さらに多くの。いくつかのバグが修正されました。
タグ: Major feature enhancements
Several features were added, such as TFTP booting
from a host directory, tap device emulation for
Solaris, monitor multiplexing to several I/O
channels, CPU model selection support, MIPS64 and
MIPS 64-bit FPU support, Xscale PDA and ColdFire
system emulation, read-only support for Parallels
disk images, and many more. Several bugs were
fixed.

2007-02-07 18:40
0.9.0

2006-11-27 17:29
0.8.2

ACPIをサポートし、MIPSのFPUのサポートは、Solaris / SPARCのホストのサポートは、Windowsスパースファイルのサポート、PCNETのNICをサポートし、WAVファイルに音声が追加されましたを取り込むために、可変周波数のホストCPU、AMDはフラッシュメモリのサポート、およびサポートをサポートします。パソコンのVGA BIOSの修正が行われた。 OpenBIOSを現在のSPARCターゲットに使用されます。 VNCサーバの修正が行われた。のUSBのアップデートが行われた。 PPCのブレークポイントと、UDPのステッピング/ TCPのシングル/ telnetのキャラクタ型デバイス、RTL8139 NICのTCPセグメンテーションオフロード、およびWin32 SMPのホストのための回避策を実施した。
タグ: Major feature enhancements
ACPI support, MIPS FPU support, Solaris/SPARC host
support, Windows sparse file support, PCNET NIC
support, support for variable frequency host CPUs,
support for AMD Flash memories, and support for
capturing audio to WAV files were added. PC VGA
BIOS fixes were made. OpenBios is now used for
SPARC targets. VNC server fixes were made. USB
updates were made. PPC breakpoints and single
stepping, UDP/TCP/telnet character devices,
RTL8139 NIC TCP segmentation offloading, and a
workaround for Win32 SMP hosts were implemented.

プロジェクトリソース