ダウンロードリスト

プロジェクト概要

PPort ですシンプルで便利な自動化プログラムと対応する文書化された電子の外付けデバイスと PC のインタ フェース用その 2 つのプログラム、デーモンとクライアントを使用して、それ共通コンピューター ポートを通じて読み書きして外部機器を制御することを目指しています。このバンドルを使用して、1 つが正常に制御できます任意の家庭用アプライアンスまたは最小限の手間で電子デバイスと実質的に変更はありません。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2005-04-21 12:33
0.6.9

このリリースでの変更ioperm(それ以上)のポート範囲へのアクセスを提供するために()を呼び出すと、ioplを呼び出します。
タグ: Code cleanup
This release changes ioperm() calls to iopl() calls, to provide access to higher port ranges.

2004-11-04 15:15
0.6.8

パラレルポートを介して送信するRAWデータが実装されています。ドキュメントの日付に育ちました。 autoconfのシステムにいくつかの必要な変更が行われた。
タグ: Minor feature enhancements
Sending raw data through the parallel port has
been implemented. The documentation was brought up
to date. Some necessary modifications to the
autoconf system were made.

2004-09-19 07:33
0.6.7

永続的な問題は、manページを短い形式のオプション、いくつかの無駄なコードは、ダンプされたブートストラップのスクリプトが追加されました削除されて修正されました。マイナーなクリーンアップのソースコードがなされた。
タグ: Code cleanup
A persistent problem was fixed, the man page short option was removed, some useless code was dumped, and a bootstrapping script was added. Minor cleanups were made to the source code.

2004-08-25 16:54
0.6.6

このリリースでは、デーモンは、syslogオプションをチェックするといくつかの問題です。マニュアルページのセクション1に移され、コンテキストヘルプを強化されました。ので、自動的に実装されているポートの選択、削除されました。ので、冗長であることを証明ストローブ目的球も、削除されました。
タグ: Code cleanup
This release fixes some problems with the daemon
checking the syslog option. The manual page was
moved to section 1, and the contextual help was
enhanced. Port selection was removed, since it has
been implemented automatically. The strobe funtion
was also removed, since it proved to be redundant.

2004-07-08 19:12
0.6.5

で発見されない場合、特定の必要なライブラリがコンパイルを中断する条件文が挿入された。機能や、ヘルプシステムの詳細な一般化された。マニュアルのマニュアルページとこのhowtoを含む更新されました。特に、Pportとなりました(RS232)ポート、シリアルを実験的にコードがあります。
タグ: Minor feature enhancements
Conditionals were inserted in order to break compilation in case certain required libraries are not found. The functions were generalised and the help system detailed. The documentation was updated including man pages and the howto. Most notably, pport now has experimental code for serial (RS232) ports.

プロジェクトリソース