ダウンロードリスト

プロジェクト概要

パルマ多面体ライブラリは、ユーザー フレンドリーな完全に動的、例外安全な効率的かつ徹底的に文書化された標準 C++ で書かれました。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2012-02-28 10:49
0.12

このリリースには、移植性の向上には、いくつかのバグ修正、ミップと PIP のソルバーのパフォーマンスの向上が含まれます。GMP の検出が特に懸念している限り構成も、改善されています。ECLAIR MISRA、CERT、NASA、jpl の特別、エサ ・ BSSC、他の広く使用のコーディング標準の適用可能な規則の準拠に PPL をもたらす開発ワークフローに導入されています。
タグ: Major feature enhancements.
This release includes portability improvements, a few bugfixes, and performance improvements for the MIP and PIP solvers. Configurability has also been improved, especially as far as the detection of GMP is concerned. ECLAIR has been introduced into the development workflow to bring PPL into conformance with the applicable rules in MISRA, CERT, NASA/JPL, ESA/BSSC, and other widely-used coding standards.

2011-02-28 03:39
0.11.2

このリリースでは、PPLは0.11.1でいくつかのマイナーなバグを修正しています。
タグ: Minor bugfixes
This release fixes a few minor bugs in PPL 0.11.1.

2009-04-19 06:24
0.10.2

いくつかのバグPPL 0.10.1に影響を与えるこのリリースで修正。
タグ: Minor bugfixes
This release fixes a few bugs affecting PPL 0.10.1.

2009-04-14 23:42
0.10.1

このリリースではPPL 0.10、そのうち、優れたポータビリティ(クロスコンパイルのためのサポートを含む)増加し、堅牢性、優れたパッケージング、およびいくつかのバグ修正され、いくつかの重要な改善点が含まれます。
This release includes several important improvements to PPL 0.10, among which is better portability (including the support for cross-compilation), increased robustness, better packaging, and several
bugfixes.

2008-11-05 03:25
0.10

このリリースでは(これは、GPLv3の条件の下では+)"八角形の形を完全にサポートしています"の制約の有限なシステム(ソリューション'のようなx + yの"= 3'と'x - yと"= 5')と"これは必ずしも閉じられていないのは、製品と可能性が無限の間隔と見なされることがありますボックス"。このリリースではCに完全に記述するインターフェイスが付属して+ +、C言語、Java、OCamlでは、CiaoのPrologのは、GNU Prologは、SICStus、swi - prologの、XSB、住所録(JavaとOCamlでの新機能です)。また、マニュアルの改善が含まれ、多くの新しい構成オプションと、いくつかのバグ修正。
タグ: Major feature enhancements
This release (which is under the terms of the GPLv3+) includes complete support for "octagonal shapes" (solution of a finite system of constraints such as 'x + y <= 3' and 'x - y <= 5') and "boxes", which may be viewed as the product of not necessarily closed and possibly unbounded intervals. This release comes with fully documented interfaces to C++, C, Java, OCaml, Ciao Prolog, GNU Prolog, SICStus, SWI-Prolog, XSB, and YAP (Java and OCaml are new). It also includes improvements to the documentation, many new configuration options, and a few bugfixes.

プロジェクトリソース