ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

!PonyProg は、インテルの [/projects/freshmeat_linux/ Linux] と Windows の利用可能なユーザーフレンドリー GUI フレームワークとシリアル デバイスのプログラマです。その目的は、ほとんどのシリアル デバイスを読み書きすることです。現時点でそれは SPI eeprom マイクロワイヤー、i ² c バスをサポートする、Atmel AVR マイクロ チップ PIC マイクロ。ハードウェア プログラマ (SI Prog) の回路図が含まれます。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2008-01-07 02:57
2.07c

ロックdirとはttySデバイス名をパラメータ化されます。セットアップ]ダイアログボックスのチェックボックスをオンに迷惑なバグが修正されます。セキュリティビットの自動読み取り直後には、ダイアログが開き、そこは、以前の設定が追加されます。ので、混乱や変更は無効ビットを作成[すべてクリア]とSetボタンはすべて削除されます。超低速速度は、AVRデバイスの低周波数でのクロックへのアクセスに便利ですINIファイルのバス速度をパラメータに()32KHzの例が追加されます。 avrのATmega2560とATmega2561のサポートが追加されます。
タグ: Minor bugfixes
Lock dir and ttyS device name are parameterized. An annoying bug in the check boxes of setup dialog is fixed. An automatic read of security bits is added just after the dialog opens and there are no previous settings. The Clear All and Set All buttons are removed, because they created confusion and modified disabled bits. ULTRASLOW speed is added to the INI file bus speed parameter, which is useful to access AVR devices clocked at low frequencies (e.g. 32KHz). AVR ATmega2560 and ATmega2561 support is added.

2007-05-03 20:48
2.07a

このリリースではいくつかの新しいAVRデバイスのサポートを追加:AtTiny13の、25、45、85、261、461、および861、ATmega44、88、168、164、324、644、640,1280、および1281、およびAT90can32、64、 128。
タグ: Minor feature enhancements
This release adds support for several new AVR devices: ATtiny13, 25, 45, 85, 261, 461, and 861, ATmega44, 88, 168, 164, 324, 644, 640,1280, and 1281, and AT90can32, 64, and 128.

2003-07-28 09:44
2.06c

PIC16F87xAとPIC16F62xデバイス用の実験的なサポートが追加されました。 ATtiny26とATmega8535/8515と重度のフラッシュプログラミングの問題、およびDT006インターフェイスを持つマイナーなバグ修正されて修正されました。
タグ: Major bugfixes
Experimental support for PIC16F87xA and PIC16F62x devices was added. A severe flash programming problem with the ATtiny26 and ATmega8535/8515 was fixed, and a minor bug with the DT006 interface was fixed.

2003-04-05 20:16
2.06a (BETA)

AVRデバイスのサポートが追加されました:ATtiny26、ATmega32、ATmega8515、ATmega8535、ATmega162、ATmega169。これらの新しいデバイスのサポートは実験的です。いくつかのバグ拡張アドレスレコードを読み込んでHEXファイルについては修正されました。高速なコンピュータ上でタイミングの問題が修正されました。
タグ: Minor feature enhancements
Support for AVR devices was added: ATtiny26, ATmega32, ATmega8515, ATmega8535, ATmega162, ATmega169. Support for these new devices is experimental. Some bugs regarding loading HEX files with extended address records were fixed. A timing problem on fast computers was fixed.

2002-02-24 23:20
2.05a

このリリースを有効にする自動検出のINIパラメータ化/無効化の自動検出およびLPTとCOMポートのIセットを追加/ OをWinNT/2000ポートアドレス(現在のLPTポートの自動検出機能3BCアドレスを持つパソコンでもアドレス)、および読み取りOsc.Calibrationでプログラムのサイクル。消去()はエラー-9場合は、選択したデバイスに実装さを返します。ツールバーのアイコンが新しく再設計されています。ポーランド語、スウェーデン語の翻訳が追加されている。 VerifyAfterWriteのINIパラメータを有効にするために追加されている/後にすべての書き込みを無効にすることを確認します。は、不正なコードを生成するコンパイラの原因一部の最適化(反転行されて..無効になっている)が機能しないか
タグ: Major bugfixes
This release adds an AutoDetect INI parameter to enable/disable autodetect and set LPT and COM port I/O addresses, WinNT/2000 port address autodetect (now LPT works even on a PC with a 3BC address), and Read Osc.Calibration in the Program cycle. Erase() returns an error -9 if not implemented in the selected device. The toolbar has been redesigned with new icons. Polish and Swedish translations have been added. A VerifyAfterWrite INI parameter has been added to enable/disable verify after every write. Some optimization that caused the compiler to produce bad code (INVERT lines didn't work) has been disabled..

プロジェクトリソース