ダウンロードリスト

プロジェクト概要

PolarSSLは、Cで書かれた軽量な暗号化及びSSL/TLSライブラリです。PolarSSLは、開発者が彼らの(組込み)アプリケーションにわずかな手間で暗号化とSSL/TLS機能を付加することを容易にします。ライブラリ内のコンポーネント間の疎結合は、必要な部品の分離を容易にし、ライブラリ全体を含める必要がないことを意味します。PolarSSLは、組込みシステム向けであることを念頭において書かれており、ARM、PowerPC、MIPS及びMotorola 68000を含むいくつかのアーキテクチャに移植されています。ソースは、非常に疎結合に書かれており、他のソフトウェア・プロジェクトの部品と容易に統合することができます。MD2、MD4、MD5、SHA1、SHA-256、SHA-512、AES、Camellia、DES、Triple DES、ARC3及びRSAのための非常に疎結合な暗号化アルゴリズムが含まれています。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2011-12-23 06:41
1.1.0

このリリースは、AES-256-CTR (NIST SP 800-90)、既存の HAVEGE 乱数ジェネレーターの横に、汎用のエントロピー アキュムレータに基づく CTR_DBRG 乱数ジェネレーターを紹介します。X509parse_crt() の挙動が変更されました。それは、pre 1.1.0 コードとの下位互換性です。寛容を解析するため、今異なるリターン コードを使用する必要がある;マニュアルを読んでください。多くの単純なエラー コード (1 および 2)、コード内の '本物エラー' に変更がありました。さらに、立っている問題の多くの修正しました互換性とカスタマイズについて。
タグ: stable major
This release introduces the CTR_DBRG random generator based on AES-256-CTR (NIST SP 800-90) and a generic entropy accumulator, next to the already existing HAVEGE random generator. The behaviour of x509parse_crt() has changed, though. It's backwards compatible with pre-1.1.0 code. For permissive parsing, you now have to use the return code differently; please read the documentation. A lot of simple error codes (1 and 2) inside the code were changed to 'real errors'. In addition, a lot of standing issues were fixed with regards to compatibility and customization.

2011-08-09 21:41
1.0.0

大きな変更は0.99より前のリリース以降に行われていません。以前の安定版リリース以来、多くの機能と新機能はサードパーティ製ソフトウェアとの緊密な統合が追加され、ドキュメントが追加された、抽象化レイヤが追加され、コードがクリーンアップされ、コードは、PKCS#1 v2.1のEMSAのためのサポート、モジュールに分割されたRSAES - OAEPとRSASSA - PSSの操作のための符号化とそのためのサポートが追加されました、そして多くの余分な例が含まれていた。
タグ: Major
No major changes have been made since the 0.99 pre-releases. Since the previous stable release, many features and new functionality was added for better integration with third party software, documentation was added, abstraction layers were added, code was cleaned up, code was separated into modules, support for PKCS#1 v2.1 EMSA encoding and thus support for RSAES-OAEP and RSASSA-PSS operations was added, and many extra examples were included.

2011-05-27 21:25
0.99-pre5

このバージョンは、バージョン1.0.0の最終リリース前にいくつかの多くの必要なadaptionsが含まれています。重篤な問題がこのリリースでは、検出された場合、これは正式なバージョン1.0.0で絶頂に達する。このリリースでは、すべてのファイルシステム関連の機能を無効にすることができ、出力されたエラー文字列の機能とSMTPクライアントとフォークサーバーのいくつかの特別な例を追加します。
This version includes some much needed adaptions before the final release of version 1.0.0. If no severe problems are found in this release, this will culminate in an official version 1.0.0. This release allows you to disable all filesystem related functions, and adds printed error string functionality and some extra examples for SMTP clients and forked servers.

2011-03-01 12:24
0.99-pre3

Diffie Hellman鍵交換可能なman - in - the - Middle攻撃が修正されました。より多くの情報がPolarSSLセキュリティアドバイザリ2011〜01で見つけることができます。
A possible Man-in-the-Middle attack on the Diffie Hellman key exchange was fixed. More information can be found in PolarSSL Security Advisory 2011-01.

2011-03-01 12:24
0.14.2

Diffie Hellman鍵交換可能なman - in - the - Middle攻撃が修正されました。より多くの情報がPolarSSLセキュリティアドバイザリ2011〜01で見つけることができます。
タグ: Stable
A possible Man-in-the-Middle attack on the Diffie Hellman key exchange was fixed. More information can be found in PolarSSL Security Advisory 2011-01.

プロジェクトリソース