ダウンロードリスト

プロジェクト概要

pirysncd はカーネル書き込み通知用のディレクトリを見るし、rsync コマンドを実行して 2 つの異なるディレクトリ (ローカルまたはリモート) を同期するデーモンを記述する試みであります。これは貧乏人のミラーリングまたは代替の (あまり) 実際のデータ レプリケーション メカニズム Pyinotify に基づいています。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2011-04-13 06:29
20110412

これはPython 2の最後のバージョンであることに注意してください。次のバージョンは、Python 3のみになります。 Pyinotify.pyは、0.9.1(20110405)に更新されています。 SSHの同期のためのSSHポートパラメータが追加されています。末尾にスラッシュ(/)が送信元および宛先パスの要件が削除されています。 pirsyncd.Py3kのPyinotify.pyバージョン3が追加されています。
Note that this is the last version in Python 2. The next version will be only in Python 3. Pyinotify.py has been updated to 0.9.1 (20110405). An SSH port parameter for synchronization of SSH has been added. The trailing slash (/) requirement for source and destination path has been removed. Pyinotify.py version 3 for pirsyncd.Py3k has been added.

2010-09-09 08:03
20100908

OptionParserののエピローグは、説明に変更されました。 rsyncは+のパターンを除外pyinotify追加されています。
OptionParser epilog has changed to description. An rsync + pyinotify exclude pattern has been added.

2010-07-24 20:42
20100724

iノードのイベントを重複しているコードは、Pythonを使って書き直された辞書。前景が追加されましたのオプションを実行する。 iノードのイベントを見もせずに、最初の実行のミラーリング用のコードが追加されました。コードのスタイルは、改善された7.35のpylintのスコアを達成した。グローバル変数は再定義されました。
The code for duplicate inode events was rewritten using Python dictionary. The option to run in the foreground was added. Code for mirroring in the first run without looking at inode events was added. Code styling was improved, and a pylint score of 7.35 was achieved. Global variables were redefined.

2010-03-26 17:22
20100326

カウンタ変数のiノードのイベントは、コマンドライン(ない)から追加されました。無効に重複するノードのイベントにコードが追加されました。
A Counter variable was added for inode events (not from the command line). A code to disable duplicate inode events was added.

2010-03-18 02:56
20100317

Pythonのバージョン3ベースPIrsyncDファイルPIrsyncD.v3が追加されています。 Pythonのコードスタイリングpylintの(スコア7.09を使用)fiixedされている。いくつかの小さなコードが修正されます。
The Python version 3-based PIrsyncD file PIrsyncD.v3 has been added. The Python Code Styling has been fiixed using pylint (score 7.09). There are some small code fixes.

プロジェクトリソース