ダウンロードリスト

プロジェクト概要

PowerDNS Authoritative Server is a high-performance authoritative nameserver with a host of backends. Besides plain BIND configuration files, PDNS reads information from MySQL, Oracle, PostgreSQL, SQLite, MongoDB, and many other databases. Backends can easily be written in any language, and a sample Perl backend is provided. PDNS powers around 30-40% of all domain names in many parts of the world, including >90% of all DNSSEC domains in Europe.
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2013-01-17 19:56
3.2

これは、安定性と適合性の更新です。主に DNSSEC の実装がより堅牢になります、様々 な検証コントロールとの相互運用性が向上します。非常に広範なテストは、多くの共通の検証コントロールとその他の権限のあるサーバーに対する出力を検証するエッジ ケースで行われました。
This is a stability and conformity update. It mostly makes the DNSSEC implementation more robust and improves interoperability with various validators. Very extensive testing was conducted on a lot of edge cases, verifying output against both common validators and other authoritative servers.

2013-01-10 12:39
3.2-RC4

これは、安定性と適合性更新 3.1 にです。主に DNSSEC の実装がより堅牢になります、様々 な検証コントロールとの相互運用性が向上します。3.2 多くの共通の検証コントロールとその他の権限のあるサーバーに対する出力を検証するエッジの場合、非常に広範なテストを受けてきました。
This is a stability and conformity update to 3.1.

It mostly makes the DNSSEC implementation more robust
and improves interoperability with
various validators.

3.2 has received very extensive testing on a lot of edge cases,
verifying output against both common validators and other authoritative servers.

2012-01-11 07:52
3.0.1

このリリースが 3.0 には、同じです以外の解決策を CVE-2012年-0206 は別名 PowerDNS セキュリティ通知 2012年-01。アップグレードをお勧めします。
This release is identical to 3.0, except with a fix for CVE-2012-0206 aka PowerDNS Security Notification 2012-01. An upgrade is recommended.

2012-01-11 07:52
2.9.22.5

このリリースには CVE-2012年-0206 には別名 PowerDNS セキュリティ通知 2012年-01 の修正プログラムが含まれています。また、このリリースには変更より最近のバージョンの gcc、超早めたマスター/奴隷のエンジン、およびバインドのバックエンドでいくつかのクラッシュの修正にはが含まれます。
This release contains a fix for CVE-2012-0206 aka PowerDNS Security Notification 2012-01. In addition, this release contains changes for more recent versions of gcc, a massively sped up master/slaving engine, and fixes for several crashes in the BIND backend.

2011-07-23 05:50
3.0

このバージョンでは自動化された署名、ロールオーバー、およびキーのメンテナンスで、DNSSECのフルサポートをもたらします。目標は、パフォーマンスを維持し、セキュリティの高いレベルを達成しながら、既存のPowerDNSのインストールは、できるだけ少ない手間などでDNSSECのサービスを開始できるようにすることです。その他の新機能には、TSIG、説明ルールの説明- compatのバックエンド、also - notifyは、IPv6上でのマスター/スレーブ、バルク並列の奴隷売買のエンジン、MongoDBのサポート、およびLuaのゾーンの編集が含まれています。
This version brings full support for DNSSEC, with automated signing, rollovers, and key maintenance. The goal is to allow existing PowerDNS installations to start serving DNSSEC with as little hassle as possible, while maintaining performance and achieving high levels of security. Other new features include TSIG, a MyDNS-compat backend, also-notify, master/slave over IPv6, a bulk parallel slaving engine, MongoDB support, and Lua zone editing.

プロジェクトリソース