ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

小型のコードベースで PowerDNS Recursor は現在 8000 万以上のインターネット接続のニーズを解決する DNS を提供する高度な競合回避モジュールです。ほかに高性能 (kqueue またはハードウェアで以上 10 万 qps epoll を使用)、高度なアンチスプーフィング対策を提供します。さらに、プログラムはサーバーのパフォーマンスとそれにネットワーク、ユーザー フレンドリーなタイムアウトをキャッシュします。Rrdtool は、ネーム サーバーのパフォーマンスへの洞察力を提供することでグラフを作るためのフックが組み込まれています。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2013-02-12 08:27
3.5-RC2

これは 3.3/3.3.1、安定性とバグ修正更新プログラムです。それはとにかく動作するようにユーザーを期待少し壊れてドメイン名の重要な修正が含まれています。
This is a stability and bugfix update to 3.3/3.3.1. It contains important fixes for slightly-broken domain names, which your users expect to work anyhow.

2013-01-26 10:05
3.5-RC1

これは 3.3/3.3.1 への安定性とバグ修正の更新です。少し壊れてドメイン名は、とにかく動作するようにユーザーの期待の重要な修正が含まれています。
This is a stability and bugfix update to 3.3/3.3.1. It contains important fixes for slightly-broken domain names, which your users expect to work anyhow.

2010-09-23 08:02
3.3

このバージョンでは、IPv6のサポートをオフ小さいながらも持続的な問題は、ラウンド数を修正し、Luaスクリプトの多くのユーザにとって重要な機能を追加します。また、Solaris 10上で拡張性が改善されています。このリリースでは、RC3のと同じです。
タグ: Stable
This version fixes a number of small but persistent issues, rounds off the IPv6 support, and adds an important feature for many users of the Lua scripts. In addition, scalability on Solaris 10 has been improved. This release is identical to RC3.

2010-09-21 06:30
3.3-RC3

このバージョンでは、IPv6のサポートをオフ小さいながらも持続的な問題は、ラウンド数を修正し、Luaスクリプトの多くのユーザにとって重要な機能を追加します。また、Solaris 10上で拡張性が改善されています。 RC2のため、有効期限が切れルートについて無害ですが怖いのメッセージが削除されています。
This version fixes a number of small but persistent issues, rounds off the IPv6 support, and adds an important feature for many users of the Lua scripts. In addition, scalability on Solaris 10 has been improved. Since RC2, a harmless but scary message about an expired root has been removed.

2010-09-13 20:25
3.3-rc2

このバージョンでは、IPv6のサポートをオフ小さいながらも持続的な問題は、ラウンド数を修正し、Luaスクリプトの多くのユーザにとって重要な機能を追加します。また、Solaris 10上で拡張性が改善されています。 RC1のため、RHEL5上でコンパイルが修正されています。
This version fixes a number of small but persistent issues, rounds off the IPv6 support, and adds an important feature for many users of the Lua scripts. In addition, scalability on Solaris 10 has been improved. Since RC1, compilation on RHEL5 has been fixed.

プロジェクトリソース