ダウンロードリスト

プロジェクト概要

!PrimeBase XT (PBXT) は、mysql トランザクション ストレージ エンジンです。ユニークな使用」書く-一度"更新戦略 MVCC (マルチ バージョン並行処理制御) タスクの広い範囲で最適なパフォーマンスを提供します。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2007-04-09 20:16
0.9.86

このリリースでの変更PBXTはモデムのデータベーステーブルの数千人を含む処理を有効にすることができます。また、修正のTRUNCATE TABLE、ALTERと修理の表に、その他のDMLと組み合わせて使用するような操作で同時実行の問題の数です。
タグ: Minor feature enhancements
This release makes changes to enable PBXT to handle databases containing thousands of tables. It also fixes a number of concurrency problems with operations like TRUNCATE TABLE, ALTER and REPAIR table when used in conjunction with other DML.

2007-03-19 17:45
0.9.85

バグが原因PBXTはモデムインデックスがサイズは4 GBを超えるファイルが固定されているが破損しています。このリリースは、Windowsの下で実行されます。でコンパイルするために、このソースツリーは、MySQLのソースストレージディレクトリに配置する必要があります。ビルド方法の詳細は窓- readme.txtファイルを参照している。声明の中でレコードを繰り返し更新のこのリリースをチェックします。場合、インデックスの更新プログラムで修正されていませんが、重複チェックを回避できます。レコードを繰り返し、トランザクションによって更新された現在の場所で更新されます。
タグ: Major feature enhancements
A bug that caused PBXT to corrupt the index file when the size exceeded 4 GB has been fixed. This release runs under Windows. This source tree must be placed in the MySQL source storage directory in order to compile. Further details of how to build are in the windows-readme.txt file. This release checks for repeat updates of a record in a statement. It avoids checking for duplicates if an index is not modified by an update. Records updated repeatedly by a transaction are now updated in place.

2007-01-31 17:10
0.9.8

この新しいバージョンの主要な機能キーをサポートして外国人である。実装では、InnoDBのに似ており、含まれている、は、CASCADE、およびSET NULLのオプションを制限します。
タグ: Major feature enhancements
The major feature of this new version is foreign
key support. The implementation is similar to that
of InnoDB and includes the RESTRICT, CASCADE, and
SET NULL options.

プロジェクトリソース