ダウンロードリスト

プロジェクト概要

Pantheios は、C/C++ ロギング API ライブラリです。完全なタイプ セーフ、非常に高い効率性、汎用性、および拡張性の最適な組み合わせを提供しています。拡張を使用して簡単です, 高ポータブル (プラットフォームとコンパイラの独立した)、およびそれの使用するために支払っている C の伝統を支える.Pantheios 異種の種類で構成される、任意の複雑さのメッセージ文のロギングをサポートします。Pantheios は、重大度レベルに基づくログ メッセージのフィルター処理をサポートします。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2011-12-06 07:39
1.0.1 (beta 213)

このリリースは GCC 4.6 のメイクファイルとの互換性の拡張機能を追加します。それ pantheios/util/com/exception_helpers.hpp をユーザーではなく、Pantheios::Extras::xHelpers プロジェクトを取得します非推奨。このリリースでは、バージョン 1.9.111 の STLSoft が必要です。
タグ: minor feature enhancement
This release adds makefiles and compatibility enhancements for GCC 4.6. It deprecates pantheios/util/com/exception_helpers.hpp, for which users instead obtain the Pantheios::Extras::xHelpers project. This release requires version 1.9.111 of STLSoft.

2011-08-13 17:27
1.0.1 (beta 212)

様々なマイナーな修正とドキュメントの改良。
タグ: Minor bugfixes
Various minor fixes and documentation improvements.

2011-02-01 13:02
1.0.1 (beta 211)

be.fileでpantheios_be_file_flush()の誤実装が修正されました。今MSVCRTメモリリークレポートで指定された非表示に偽陽性be.file。 bec.WindowsSyslogでnul文字が末尾WideStringはが修正されました。 pantheios::init()およびpantheiosは::uninitを()現在のドキュメントで公開されています。非機能的な改善は、コンパイル時にバッファサイズを調整する機能を含む)pantheios_getPadの実装(して行われた。 STLSoftは1.9.108が必要になりました。
タグ: Minor feature enhancements, Bugfixes
An erroneous implementation of pantheios_be_file_flush() in be.file was fixed. be.file now hides false positives given by MSVCRT memory leak reporting. A widestring trailing nul character in bec.WindowsSyslog was fixed. pantheios::init() and pantheios::uninit() are now exposed in the documentation. Non-functional improvements were made to the implementation of pantheios_getPad(), including the ability to adjust buffer size at compile time. STLSoft 1.9.108 is now required.

2011-01-10 10:25
1.0.1 (beta 210)

このリリースでは、基本的な型は、数値基本型を取って(偶発的)変換コンストラクタを持つクラスを定義しているサードパーティのライブラリの存在下でコンパイルさせることができるステートメントをログに渡されることを防止するための重要なコンパイル時の検証を追加します。また、GCCの4.5のサポートを追加します。 STLSoftは1.9.106必要であることに注意してください。
タグ: Minor feature enhancements
This release adds important compile-time validation to prevent fundamental types being passed to log statements, which can be made to compile in the presence of third-party libraries that define classes with (accidental) conversion constructors taking numeric fundamental types. It also adds GCC 4.5 support. Note that STLSoft 1.9.106 is required.

2011-01-06 10:52
1.0.1 (beta 209)

非空の文字列が - "認識できないステータスコード" - ステータスコードが認識されていない場合は今が返されます。 example.cpp.util.strdupのワイド文字列とコンパイルエラーが修正されました。 test.unit.fe.WindowsRegistryは、現在、限定権限を持つユーザで実行します。HKEY_LOCAL_MACHINEの操作をスキップすることで成功します。
タグ: Minor bugfixes, Minor feature enhancements
A non-empty string - "unrecognised status code" - is now returned if the status code is unrecognised. A compilation error with wide strings in example.cpp.util.strdup was corrected. test.unit.fe.WindowsRegistry now succeeds by skipping manipulation of HKEY_LOCAL_MACHINE when run by a user with limited permissions.

プロジェクトリソース