ダウンロードリスト

プロジェクト概要

Overtureは、偏微分法的式を解くための、オブジェクト指向コードフレームワークです。幾何学的に複雑な動きをする物理的プロセスのシミュレーションを行うアプリケーションのための、移植可能で柔軟なソフトウェア開発環境を提供します。Overtureは構造格子や構造格子のコレクションを解くために設計されています。特に、曲線格子、適応格子改良、合成重なり格子法を、要素の移動を伴う複雑な領域における問題を解くために用いることができます。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2012-03-30 21:16
24

新しい InterpolatePointsOnAGrid クラスは、複合グリッド関数から空間内の点のセット補間に使用することができます。新しい「"linear 指数」ストレッチ オプションです。広範なバグの修正が適用されています。
タグ: Stable, Bugfixes, Enhancements

The new InterpolatePointsOnAGrid class can be used to interpolate a set of points in space from a composite grid function. There is a new "exponential to linear" stretching option. Extensive bugfixes have been applied.

2011-04-03 17:43
23

これはバグ修正リリースです。
タグ: Stable, Bugfixes
This is a bugfix release.

2007-10-22 13:55
22

タグ: Minor bugfixes

2005-09-25 15:52
21

改善を移動するグリッドとAMRをサポートするため行われた。変更を並列計算をサポートするため行われた。高い付加された正確な演算子を注文。改善マルチグリッドソルバー、Ogmgがなされた。改善を誇張する流れと多フロー反応の治療のために作られた。
タグ: Initial freshmeat announcement
Improvements were made to support moving grids and
AMR. Changes were made to support parallel
computations. Higher-order accurate operators were
added. Improvements were made to the multigrid
solver, Ogmg. Improvements were made to OverBlown
for treating reacting flows and multicomponent
flows.

プロジェクトリソース